最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる

作者 えぞぎんぎつね

魔王討伐戦で呪いの矢を膝に受けてしまった俺は、村で衛兵をすることにした

  • ★★★ Excellent!!!

 この上ない大きな仕事を終えていた俺は、この先当分はのんびりとして居たいと思っていた。膝も痛いし……。
 ところが、周りのすべてが俺を面倒ごとに引き込もうとしてくるのには、正直、辟易としていた。
 それで、こんな王都から離れたところで、ゆっくりとした仕事でも探そうと思ったわけだ。
 ちょうどそんな時に見つけたのが、辺境の村の衛兵の仕事だったのだ。
 日がな一日、村の門番をするなど、ちょうどいいと思ったのだ。それに、そこには温泉があるのだという。こんな良い話、逃す手はない……。
 早速俺は、冒険者ギルドでその仕事を受ける手続きをした。そしてその足ですぐに出発をした。
 もちろん、邪魔をされないために決まっているのだ。━━ふふふふふ……。
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Yuuyouさんの他のおすすめレビュー 452