男子の机の匂い、嗅ぎたくなりませんか?

作者 山吹 群青

110

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

このお話大好物です!
タイトルからラブコメかな?と思ったらただの可愛いお話じゃなかった!!

お話のテンポと予想外の運びに引き込まれます。志穂ちゃんと先生のやり取り、会話のリズム感も好きです。恋の行方も気になるけど、それだけじゃないミステリ!

続きが気になって読み進めてしまいます。なんでしょう、この読み手の好奇心を揺さぶられる巧みさ!!そしてそれがまた楽しいです♡

★★★ Excellent!!!

見えているものですら、どのように伝えるか、その描写は難しいものです。
まして、嗅覚は見えませんし、調香師やソムリエの世界以外では、「赤」や「青」といったような解りやすい感覚の共通認識の言葉さえもありません。

それを物語のキーに織り込む難しさは、同じく嗅覚を特徴とする主人公を書いている私は日々実感しています。

そして、「こういう切り口があったか」、「こういう表現があったかと」、蒙を啓かれるような思いで読んでいます。

この得難い作品は、そのような見えぬものの描写の学びの場としても機能すると思います。

ご一読をお勧めします。

★★★ Excellent!!!

タイトル、設定、文体、雰囲気。
すべてが異質な感じで、「やられた」と感じる。

タイトルだけでは変態チックなコメディに思えるが、まったく違う。
だけどこの物語は、いったいどういう方向性に行くのかまったく想像がつかない。
(第4話時点)

でも読んでいると、ドキドキわくわくして、惹きつけられる。

「プロの作家さん?」と感じる文体と物語。
で、作者様の名前をググってみたものの、書籍化作家さんの名前では見つけられず。

この物語よ。
キミはいったい、どこへ行こうとしてるのだ?

──でも、絶対に面白くなりそうだよね。←結局言いたいのはコレ

★★★ Excellent!!!

 文体の時点で、物語の雰囲気がにじみ出ています。とんでもない性癖と、ぶっとんだストーリーが面白くて一気読み。続きが読みたくなって、一気に読んだことを後悔しました。なんでこんな物語を書けるのか。もう溜息しかでません。ああ、僕にもこんな文才がほしかった。

★★★ Excellent!!!

めちゃくちゃド変態な話かと思えば。
教師が出てきてまず性癖にグサッ。
見てはいけないものって何となく興奮しますよね。分かる。

一呼吸で、付き合って、大人になったら結婚しよ、性行は、20歳からでよろ!っていえる子も最高ですね。ご馳走様です。

まずはお付き合いをはじめたようですが
とてもこれからが気になる。

先生にもhshsしつつ、
自分に女の子を落とし込んで、作品読もうと思います。