空に走る

作者 狸屋ボビン

49

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

1,178文字なのでとても短いです。
その短いお話の中に色々な色彩が散りばめられています。
本来は悲しい物語なのかもしれません。
しかし感じるのはあふれる色の数々とあたたかさ、希望と友情。
お話は短いけど濃厚です。
とにかくキレイな童話でした。