空に走る

作者 狸屋ボビン

柔らかな色、色、色に彩られたあたたかい童話です

  • ★★★ Excellent!!!

1,178文字なのでとても短いです。
その短いお話の中に色々な色彩が散りばめられています。
本来は悲しい物語なのかもしれません。
しかし感じるのはあふれる色の数々とあたたかさ、希望と友情。
お話は短いけど濃厚です。
とにかくキレイな童話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

波里久さんの他のおすすめレビュー 338