狂人の正論、あるいは、常人の極論

作者 尾頭いるか(活動停止中)

──主人公の諦念じみた呟きが、どうか、誰かの心に、届きますように

  • ★★★ Excellent!!!


 面白かったので、是非多くの方に読んで頂きたいと思い、レビューさせていただきます。


 本作は、精神障害をテーマにした、ガールミツールボーイ(或いは、ボーイミーツガール)ものです。
 あらすじにある通り、作者様自身がそのような『生きづらさ』を抱えられた方なので、その描写はリアルです。

 普段は明るく振る舞っている主人公──加奈が──溜息のように、息つきのように、小さく吐き出す言葉の中には、たくさんの“しんどさ”が詰まっています。

 こうした病を抱えていない、健全・健康な人たちからすると、彼女が紡ぐ言葉は、“甘え”のように感じたり、“誰だってそうだろ?”と、そんな言葉を吐き捨てたくなるかもしれません。
 けれど、こうした類の“しんどさ”は、確かにこの世に存在するんです。

 それは、多くの人には理解されなくて、嘲られ、踏み躙《にじ》られる類の“しんどさ”。
 この作品は、その種の苦しみを、うまく掬い取って、多くの同胞の気持ちを代弁してくれています。
 
 
 こう書くと、重たい。と敬遠されるかもしれませんが、その心配は無用です。
 あらすじにもある通り、本作品は、新ジャンル「精神障害」ラブコメでもあります。

 ふたりの初々しいデートは、とても微笑ましく、読んでいて、ほっこりとした気持ちにさせられます。


 そして、本作のもう一人の主人公も、精神に障害を持つ男の子。
 
 世に出回ってるラブコメって、ヒロインが主人公(♂)を好きになる理由がよく分からないくて、???となることが多いのですが、
 この作品は同類という絆があるが故に、互いに惹かれ合う過程が、無理なく、自然に描かれています。

 これも本作品の、他の作品にはない、美点だと思います。


 精神・発達系の障害を持つ人で、ちょっと甘く切ない物語を求めているひとに、是非、読んで欲しい。
 この物語は、そんな需要に応えてくれる、とても稀有で──優れたラブコメ──或いはキャラクター小説の傑作です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

正直に言うと作者さんの自己紹介に惹かれて読み始めました。
どのジャンルでもそうですがその状況を経験した方としていない方では詳細な描写の部分に大きな差が出ると思っています。
この題材に関しては健常者と… 続きを読む

自分濃度さんの他のおすすめレビュー 60