今まで視界にも入らなかった地味なクラスメイトが、実はかなりのイケメンチャラ男だったなんてことある!?(仮)

作者 細木あすか

最高のすれ違いがゆっくりと絡み合う妙

  • ★★★ Excellent!!!

主人公・ヒロインともに表と裏・本音と建前を使えているようで使えていない、このもどかしさがたまらない作品です。

読者という第三者視点から見れば「あー、もう!」と思うところですが、本人たちにしてみれば真剣そのものなんですよね。

そして、この作品を更に面白くしているのがコミカル要素。シリアスな雰囲気に落ち込みすぎないようクスっとさせてくれる楽しさがあります。

今後の展開も非常に楽しみな作品ですよ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 第三章まで読ませていただいたレビューになります。最後まで読んだ際は、追加レビューをさせていただく可能性がございます。予めご容赦ください。

 さて、文語体で進む一人称の視点の文脈にも関わらず、友人… 続きを読む

紀美野ねこさんの他のおすすめレビュー 89