門限・(第伍拾陸弾)

やっぱり帰っちゃうの?

キミは門限とか無ぇんだからもう少しゆっくりして行けば良いのに

  

いや、タケシだけ先に帰しちゃうのって申し訳ないし

玄関まで一緒に出て来て今からまた中に戻ったら、まるでタケシだけ巻いたみたいになるじゃん

今日は俺も帰るよ

けど、凄い楽しかったね

タケシと山口とで紗枝のお袋さんにまで協力してもらって鍋パーティーとか、良く思い付くよね

特に名目は云ってなかったけど、要は紗枝のお帰りなさいパーティーでしょ?

紗枝、ホントにみんなに愛されてるよね

  

あたしん家、狭くてごめんな

敦子ちゃんと母ちゃんと3人でも狭めぇのにソコに男子2人追加とか、マジ正気の沙汰じゃねぇよな

けど、楽しかったよな、鍋も旨かったしよ

腹ぁいっぱい喰えたか?

  

うん、ひっさびさに腹十分目だよ

なんかさ、紗枝が俺の為に鍋を取り分けてくれてたじゃん?

意外にも家庭的な一面があるんだなとか思ったりもして

味付けも凄く良かったし、箸が進む進む

  

母子家庭を舐めんなよ

父ちゃんが死んでから否が応でも料理はしてたからな

キミやタケシくんの喰いっぷりも良かったぜ

敦子ちゃんも喜んでたじゃん、2人に美味しい美味しいって云って喰って貰えて嬉しいってさ

母ちゃんも両手に華だとか云って鼻の下伸びてたしな

キミとタケシくんがよそってくれてんの、本気で喜んでたもんな

  

いや、だってアレはさ

紗枝が俺のをよそってくれてて山口がタケシのをよそってて、お袋さんだけ自分でよそうの悪いじゃん

けど「イケメン2人に挟まれて料理を取り分けて貰って幸福せ!死んでもいいわ」って云ったのには爆笑だったよね

空かさずタケシが「ぼーじんでぼぎぃぃぃぃ!」とか云ってさ

タケシ、ずっと云いたくて仕方なかったんだよきっと

今日ボディー・アート屋では紗枝がまだ気にしてる感じだったから云えなくてウズウズしてたんだよ

そっから山口もさ、そのネタが解禁されるのを待ってたかの様に「あーじーがーどー」とか連呼しててさ、笑いが止まんなかったよ

  

そーやってあたしをバカにしてればいいさ

ってかさ!キミが1番云ってたよな!

「ざえぢぁんじらだぎどっでぇ」とかさ、あの時あたし白滝を取ってくれなんて云ってねぇじゃんかぁ!

まあ、面白かったからいいけどよ、あたしも笑っちゃったし

  

なんかさ、元通りって云うよりさ

前より4人仲良くなってる様な気もするよ

雨降って地固まるとか怪我の功名とか云うけどさ、正にそんな感じだよね

あとさ、お袋さんの裏表の無い感じ、凄くありがたいよね

歯に衣着せない物言いでさ、普通なら訊き辛いようなコトでもズケズケ訊くじゃん?

タケシの病気のコトとかさ、俺等でも遠慮しながら探り入れてる感じなのにさ

  

あー、アレは性格だな

けど、ホントにもう薬も飲まずに安定してるって云ってたな

前みてぇにはしゃいだりしなくなって学校じゃ孤立して浮いてるって云ってたけどさ

「何かあると秀くんが話し掛けてくれてるので助かってます」とか云っちゃってさ

「秀くん」ってなんだよ!

普通にいつもみてぇに「秀」って云えよ!って思ったわ

「助かってます」とかもキモいし!

  

キモい!は云い過ぎだし!

お袋さんがさ、そんなよそよそしい云い方しないで自分ん家みたいに普通に喋って良いんだって云った時にさ、タケシ、家では両親に敬語で話してるって云ってんの聞いてちょっと退いたわ

いや、良いコトなんだろうけどね、中学とか高校生になったら徐々に対等になって来ても良い様な気がするんだよね

このまま大人になっても敬語なのかなぁ

なんか、そう云う厳し過ぎる感じみたいのも病気に影響してるんじゃないかなとか思ってさ、まぁ、偏見かも知れないけどね

  

あー、なんか関係ありそーな気はするなぁ

家に帰っても緊張してたり萎縮しちまってる感じな

ストレスとかフラストレーションが溜まって爆発しなきゃ良いけどな、てかタケシくんの場合それが病気って形になって出たのかもな

ほら、裕福な家庭だと子供はグレてるかイイナリだって前に云ったじゃん?

タケシくんは後者だよな

親に敬語使ってるって聞くまではタケシくん家って過保護な感じかなって思ってたんだけどな

ちょっと様子がおかしいだけで直ぐに病院に駆け込んだりしてたしさ

まぁ、どっちにしても大事にはされてるんだろうな

  

タケシの親って何してる人なんだろう

家は立派だったよ、車庫には高級車が2台停まってるしね

大会社の社長とかだったりしてね

あ、今ふと思ったんだけどさ

紗枝のお袋さんの実家もちゃんとしたお家柄だったって云ってたじゃん?

おやっさんが挨拶に行った時に「娘には娘に相応しい相手が」みたいなコト云われたって

もしかしてさ、タケシも結婚相手は親が相応しいと思った相手じゃなきゃダメだ!みたいな感じだったりして

なんか、繋がらない?

会社を継いで親が選んだ相手と一緒になって、みたいなレールを敷かれてたりして山口との将来とかは夢見ない様にして諦めてるとか

  

どーだろーねー

いくらなんでもソコまではねぇだろー

今時そんな古臭い考えの社長って居んのかなぁ

父ちゃんが門前払い喰らったのはずっと昔の話だぜ?

流石にそれはねーだろ

ちょっと気になったから後で敦子ちゃんに訊いてみるわ

敦子ちゃんならタケシくんの親の仕事とか知ってるかも知んねぇからな

  

ウチの親父さぁ、社長でもなければ成功者でもないんだけどね、似たような臭いがするなとか思ってさ

自分で正しいと思った生き方をしてきて、とりあえず大丈夫だったとか自分の人生は上々だって自分に云い聞かせてたりとかしてて、それ以外の道を知らないから自分の歩んで来た道を俺になぞらせようとしてるんじゃないかな

実際に社会的に成功とかしてたら尚更だと思うんだ

親が子供に自分の敷いたレールを歩ませるのって親のエゴだなって思ってたんだよね

良い大学を出て良い会社に就職しろとか、決められた未来が息苦しくて反発してたけど、親父はソレしか知らないからソレしか云えないんだよね、きっと

年末年始に親父と喧嘩したじゃん?

色々と考えたんだけどね、親父は自分の知ってる人生の歩み方の範囲内で1番良いと思ったレールを、善かれと思って敷いてるんじゃないかなって

  

お父さんとはその後どんな感じ?って折を見て訊こうと思ってたんだよ

なるほどね、関係は良くも悪くもなってねぇって感じっぽいけど、キミは色々と考えてお父さんの身になってモノぉ見れるトコまで来たって感じだな

なんかキミ、凄ぇな、大人だな

じゃあ仮にタケシくんの親が社長か何かだったとして、自分の後継ぎにって考えてたとしたら確かに善かれと思ってそれ相応の結婚相手を探して来るかも知んねぇな

「女で失敗するな」くれぇのコト云われてるかもな

その場合、タケシくんにとって敦子ちゃんってどんな存在になるんだろ?

  

うん、だからさ

好きなんだけど自分のオンナにしたいワケじゃないって云うの、辻褄合わない?

たぶん親に認めて貰えないだろうから彼女にもしない、けど好きだから力にはなりたい

みたいな感じ?

  

えー

マージーでー

そんなコトってある?

まぁ、キミの高校はおぼっちゃま校だからな、その辺の感覚はあたしよりはキミの方が理解出来んのかも知んねぇけどさ

やっぱ金持ちの気持ちは貧乏人のあたしには理解出来ねぇのかもな

けど、子供のコトを善かれと思ってレールを敷くって云うのは理解出来たわ

その発想はなかった

ウチはちょっと自由過ぎんのかもな

けどさ、高校生にもなって門限とかってどうなの?男の子だぜ?

それってキミの学校じゃ普通なの?

それを守ってるタケシくんも気持ち悪りぃしな

  

ぶぁはは

何、今日の紗枝はタケシに厳しいなぁ

さっきもキモい!とか云ってたし

そんなに「ぼーじんでぼぎぃぃぃぃ!」って云われたのが悔しいの?

  

いや、逆だよ

距離が縮んで遠慮が薄れてんだよ

あたしの愛情表現の裏返し、キミなら分かるだろ?

  

あー、そうだった

タケシがショック受けない様に俺から前説しとくわ、今後紗枝のアタリがキツくなるかも知れないけど紗枝の愛情表現だよってね

でさ、タケシの門限はさ、前に云わなかったっけな、病気の様子見だって云ってたよ

完全に薬と手を切れたら門限も無くなるんじゃないかな

タケシん家の門限は親が厳しくて的なヤツとはちょっと違うみたいだね

  

聞いてたわ

なんか色々といっぱいいっぱいん時に聞いた気がするわソレ

  

うん、紗枝いっぱいいっぱいだったね

改めて云うとまたなんか変な感じになっちゃいそうだけどさ

紗枝は気にしてても「気にしてねぇよ!」とか云いそうだけど

あの時は俺も色々と紗枝に酷いコト云ったよ、紗枝が悪いんだけどね

紗枝が悪いんだけど、酷いコト云ったのはお詫びしたいなって思ってたからさ、謝らせてよ

紗枝が悪いんだけど、ごめん

  

それはお詫びなのか?

なんか、あたしが悪りぃって連呼された様にしか聞こえなかったんだけど

実際、悪りぃのはあたしだから仕方ねぇんだけどな

なんか憎まれ口叩いて云い返してやりてぇトコだけどさ

ソコ、思い出すとまだ哀しくなってウルウルしちまいそうだからよ、謝らなくていいよ

ホント、改めて、みんな元通りに戻って来てくれてありがとうって気持ちでいっぱいだしな

あ、鍋ん時にみんなの前で云えば良かったな!

  

いやいやいやいやあ!

紗枝の感謝の気持ちはみんな散々聞いたから、ホント

もうお腹いっぱいだって云ったじゃん、充分だよ

あんだけ大声で「あーじーがーどー」って繰り返されたら腹筋痛くなるぐらい通じてるってば

あ、お袋さんには何て説明したの?

やっぱりオーナーさんから話は聞いちゃってたんでしょ?

早とちりでしたとかって云ったの?

  

母ちゃんには敦子ちゃんから説明してくれてたよ、敦子ちゃんがウチに戻って来る前の日にウチに来て一部始終な

で、3者協議だっけ?あたしが敦子ちゃんから性教育を受け直すって話までしててさ

敦子ちゃんが戻って来た日に母ちゃんも立ち合ってたよ、あたしの性教育

話の流れでさ、敦子ちゃんが本気でキミとヤろうと思ってたって話も母ちゃん一緒に居て聞いてたぜ

でさ、最後に母ちゃんが一応捕捉させてくれとか云って、中絶の話をしてた

若い子はデキちゃったから堕ろせばいいとか簡単に考えてるのかも知れねぇけど、子供を堕ろすってコトは赤ちゃんを殺すってコトだから、責任持って育てるツモリの無い赤ちゃんは作らない、その為にはその覚悟の出来ない相手とはシない

避妊してても出来る時は出来ちゃうモンだからってさ

妊娠も中絶もあたし等の身体に凄えぇ負担だから、なによりもあたし等の身体を護る為にも自分を大事にしてねってさ

敦子ちゃんも自分のコトを真剣になってそんな風に諭してくれる大人がずっと居なかったからさ、母ちゃんに「はい!」とか云って、凄げぇ嬉しそうな顔してたわ

  

えっと、ちょっと待ってね

落ち着こうね、俺

じゃあさ、今日お袋さんは山口のその話を知ってたんだ

あれ?じゃあ俺がその話を知ってるってコトも知ってたのか?

じゃあさ、俺が・・・え?お袋さんどこまで知ってたんだ?

てか、全然何も知らない様な顔して普通だったよね?

お袋さん、凄いポーカーフェイスじゃない?

俺がホテルに通ってたのとか全然知ってたんじゃん!

怖えー!ってか恥ずかしい

マジで?

お袋さんが知ってるって分かってたら恥ずかしくて今日は呑気に一緒に鍋なんか食べれなかったよ!

  

大丈夫だよ、母ちゃんキミのコト感心してたぜ

キミの株はドーンと騰がってるから安心しろよ

母ちゃんだけじゃなく敦子ちゃんやあたしだって今回の一連の早とちり騒動でキミのコトを見直してるんだぜ

母ちゃんは直接キミを褒めたりしたらキミが照れるだろうって思って素知らぬ顔してたんだろーよ

気の回る大人だろ?あたしの母ちゃんだよ!

  

ありがたいけどさ

さっき云った「裏表の無い」とか「歯に衣着せぬ」は取り消すわ

いや、良い意味でね

紗枝のお袋さんを見てるとホント、大人って凄いなって思うよ

マジで良い意味でね

  

こんな風に玄関で立ち話すんだったら中に戻っても良かったんじゃね?

今更タケシくんを巻いただなんだって感じにはならねぇだろ

  

ホントだね

じゃあさ食器とか鍋とか後片付けして帰るよ

タケシと山口は買い出しや準備しててくれて紗枝も鍋作ったりしてて、俺だけ何にもしてないじゃん!

皿洗いくらいして帰るよ

  

誰も今日は特に名目は云ってなかったけどよ、今日の主賓はあたしじゃなくてキミだったんじゃねぇの?

ほら、株がドーンと騰がってるからさ

あたしはドーンとドン底まで下がってるからな

これから巻き返すけどさ、キミが今日の鍋で担当が無ぇのは、つまりそー云うコトだと思うぜ

  

いやいや、それは無いでしょ

じゃあ騰がった株が下がらない様に洗い物して帰るから

  

ちなみに洗い物は終わってるぜ

さっき敦子ちゃんが風呂に入る準備しにあたしの部屋に行くのが見えたもん

  

あー、紗枝ぇ

洗い物をサボる為に俺を玄関に引き留めてくっちゃべって、後片付け逃げたな

  

バレた?

あ、違ぇよ!そんなんじゃねーよ

今日の洗い物当番は敦子ちゃんだった様な気がするし

じゃあさ!キミ、ウチで風呂入って行けよ

ウチの風呂場、狭めぇのは知ってると思うけどさ、敦子ちゃんと2人でキミのコト洗ってやんよ

たぶんなんとか3人入れると思うからさ

  

バーカ

紗枝、いっこも反省してないんだな

そんなのお袋さんと山口に聞かれたらまた呆れられるよ

まぁ、冗談なのは分かるけどさ

  

母ちゃん呆れるかなぁ

むしろ「あたしも一緒に入る!」とか云って無理矢理入って来そうだけどな

  

はははは!

確かに有り得るね、あのお袋さん

とりあえずお風呂のお誘いは持ち帰って

・・・今夜のオカズにするわ

  

ソレを聞かされて、あたしはどんな顔したら良い?

照れるトコ?それとも怒るベキ?

まぁいいや、お父さんにもよろしくな

気をつけて帰れよ

  

おう、んじゃ!

ホントにご馳走さま

ありがとう、楽しかったよ

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます