第13話 義照、珠を得る

 天熊寺の境内の一角にある、五重塔のゴミ集積場で『悪の権化』科学技術庁の職員が、壁に空いた穴を調べている。長官の仲木戸はダストシュートの壁面を顔中煤だらけで調査中だ。仲木戸の耳につけられたイヤーフォーンにぺこりの声が聞こえてくる。

「なあ、結局のところ『上手の手から水がこぼれた』ってことだろ? あれは、スーパーボールではなかったでいいんじゃないの。ムキになって調べても仕方ないよ。工作部呼んで穴を埋めな」

 仲木戸は抵抗した。

「いいえ、あれはまごうことなき、スーパーボール。科学的データもそれを証明しています。ダストシュートの素材はステンレス。ゴムと接触し、摩擦を起こしても、普通は発火しません。そこが納得できるまで、調査させてください」

「ああそうなの。じゃあ好きにしな」

 ぺこりはイヤーフォーンを外した。面前には足利義照が正座している。


「銘抜刀に厳しくやられたらしいな?」

 ぺこりが渋い顔をした。

「推薦状までいただきながら、この不始末。申し訳ございません」

 義照は平伏した。

「愚か者め、謝ることじゃない。銘抜刀は半年、剣を置けと言ったのだろう。ならば、置いてみるがいい。剣術一本で生きてきた、きみには辛いだろうが世の中には善悪様々なことがある。それを見聞せよと銘抜刀は言っているのだと思うよ。剣術バカより、広い視野を持つ人間になれと言うことだ」

「はっ、ごもっともでございます。ただ、わたくしにはどこから手を付けていいのか全くわかりません」

「まだ若いのに、融通が利かぬな。じゃあ、教えてやろう。半年間、マスクをつけて街を六時間散歩しろ。で、風呂に入って飯をたらふく食べてニュースを観て寝ちまえ。日曜日は休んでよいよ。『笑点』でも見なさい」

「そんな簡単なことでいいのですか?」

「うぬ、寺山修司は言った。『書を捨てずに、街へ出て売れ』とな。だからって、おいらの本は売っちゃダメだよ。文庫本を集めるのがおいらの唯一の楽しみなんだから。くだらぬ読書も少しは勉強になるぞ」

「かしこまりました」

 義照は退出しようとした。そこへ、

「ああ、ちょっと待った」

 とぺこりが義照を引き止める。

「なんでしょう?」

 義照が効くと、

「この寺や、学園付近には不審者を見張る、忍者がたくさんいる。もし、見咎められたら、この『ぺこりくんバッチ』を見せよ。関係者だと知れて、通行が自由になるよ」

「はあ、忍者ですか……ありがたく頂戴します」

 頭を下げ、義照は本当に、退出した。


 義照は先日会った、「理事長先生」とか「純沙先生」と呼ばれていた女性に会いたくなった。彼女の正体は誰なんだろう? 関心があった。その感情が、ほのかな恋心だと、義照は気づいていなかった。しかし、野生の部分が彼女を求めているのだ。

 まずは水沢舞子に聴いてみようと思った。廊下を歩く女中を呼び止め、舞子の居場所を尋ねる。

「舞子さまなら、札幌に行かれました」

 なんでも、映画の撮影らしい。本当に大女優なんだなと義照は思った。他に知り合いもいないので直接、学園に行ってしまおうと思い。五重塔を離れ、寺の境内をスタスタ歩き、学園に来た。そうしたら、「純沙先生」が女だてらに梯子に上って、電球の取り替えをしていた。義照は、

「危ないですよ、わたくしが代わりましょう」

 と声をかけた。「純沙先生」は義照を一瞥し、

「お前の方が危ない」

 と冷たい声で言った。

「なんのこれしき!」

 義照が憤慨すると、

「梯子のことではない。二分後になにかが飛んでくる」

 そう言って「純沙先生」は梯子を抱えて校舎に帰って行った。

「二分後……忍者の手裏剣か?」

 義照が身構えたその時、北の空から、真っ赤に燃えた火球が物凄いスピードで飛んできた。義照は完全ロックオンされている。

「うぬうー、熱い!」

 義照は痛みと熱さに耐えて火球を捕らえた。そして掌を開けてみる。

「な、なんだこれは?」

 火球は急速に冷え、緑色の珠になった……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る