第23話 追跡行


 冴え冴えとした月が、夜空を照らしている。


 土塀の作る蒼い影が一層、寒々しさを際立たせている。

 ひゅう――と、切るような冷たい風が、木の葉を巻きあげた。


 思わず山崎は、かじかむ己の手に息を吐く。

 隣を歩く志村が、その様子を横目で見つめる。

 それが見咎められたかのように思え、山崎は反射的に表情を強張らせる。


 眼を離すな――と、鋭い視線で志村をうながす。

 すると、肩を竦めながら視線を戻す志村の口元が微かに――嗤った。

 ちっ――と、その様子を忌々しく思い、山崎は内心舌を打つ。


 志村が新撰組に入ったのは、ひと月ほど前の事でである。

 取り立てて、なんの特徴も無い男だった。

 下野の出身だと言う志村は剣の才があるわけでもなく、かといって算盤が得意なわけでもない。中肉中背。覇気があるわけでもなく、といって陰気なわけでもない。有体に言えば、十人並みの一言に尽きる。

 だが、逆に言えばそれは、山崎たちのような役目には強みだった。


 探索方――主に、土方の命によって動く新撰組の間者。隊内を見張ることもあるが、その主たる任務は、京の町に潜む長州を始めとする『尊攘派』を見つけ出すことである。

 時に町衆に紛れ、時に旅の行商に身を扮し、時に攘夷派を気取る。ありとあらゆる手段を講じ、獲物を見つけ出す――それが探索方である。

 そんな探索方にとって、志村のような男は適材であった。


 まだ入隊して日が浅い志村に対し下った命は、旅の行商に扮し伏見界隈に潜伏。伏見丹の密売人を探る事ことであった。


「密売人を突き止めた」と、志村から報が入ったのは三日前だった。

 日中のことである。志村と同じ駕籠売りに扮した山崎は、偶然を装い志村と合流。

 そこで志村が示したのは、目元の涼やかな肌の白い男だった。

 とても薬の行商のようには見えない。まるで大店の二代目のようである。

 あのような優男風情が――と、思わなくも無いが、かつて副長の土方も家業の薬売りをしていたと聞けば、そのようなモノかと納得できないでもない。


 男は、山崎と志村の眼の前で、三人ほどの人間に伏見丹と思われる薬を売った。

 ひとりは浪士崩れ。ひとりはどこぞの女中風。もうひとりは老人だった。

 山崎はその中の女中風に近づくと、駕籠を売りつけるふりをしながら、懐に忍ばせた薬袋を掠めとった。

 女中は気づきもせず「忙しいので」と、足早に去って行った。


 成程、確かに袋には『伏見丹』の文字があった。これだけでは真贋の程は分からぬが、山崎には何故か確信めいた勘があった。

 どちらにせよ、漸く網に掛かった獲物である。陽も暮れかけたころ、伏見街道を京へと向かう男の後を二人は追った。


「おい、止めんか!」


 微かに唇を震わせるような声で、山崎は窘めた。

 志村が先ほどから飴のようなものを、しきりに口に運んでいるのだ。

 お役目中や――と、志村を睨みつける。

 横目でそれを見た志村は、頭を下げるような肩を竦めるような、微妙な様子で頷いた。

 人を喰ったような態度に苛立ちは募るが、

 お役目中や――と、山崎はぐっと腹に収めた。


 そうこうしているうちに、男は伏見街道を逸れ五条橋を渡ると、六波羅蜜寺の方へと進んでいく。

 六波羅蜜寺を脇に先に進むと、男はある大店の裏木戸の前で立ち止まった。

 咄嗟に、志村の手を引くと、山崎は土塀の影に身を潜める。


 葉沼屋はぬまや――古くからある薬種問屋である。店主の葉沼屋藤兵衛は、派手な商売をしない堅実な男であると記憶している。

 それ故か、山崎の中で、葉沼屋と伏見丹を結びつけることはなかった。

 盲点やったか――山崎が己の認識の甘さに、舌を打ったときだった。

 木戸を潜ろうとした薬売りが動きを止めた。

 木戸の中から、先に一人の男が姿を現した。

 

 身の丈は、六尺近いだろう。癖の強い髪を無造作に束ねている。

 腰の大小に手を掛け、大きな身体を丸めるようにして、薬売りと眼を合わせる。

 猫背の男と薬売りは、何やら神妙な顔で言葉を交わしている。


「あれはもしや――」


 坂本か――と、山崎の眼が輝いた。

 党首の武市半平太や、参謀幹部を失った土佐勤王党を、今現在まとめていると言われている男である。

 この坂本が伏見丹で金を稼ぎ、攘夷派へ資金を流すことにより、長州にとの関係を密に図ろうとしているのではないかと、土方は読んでいる。


 もし本当にそうだとするならば、京に潜伏する長州の残党までも釣り上げることが出来る。土方の狙いはそこである。

 眼の前で薬売りと話す男は、伝え聞く坂本の特徴とよく似ている。

 だとすれば、この葉沼屋が薬の製造に関与しており、土佐勤王党とも繋がりがあると考えて間違いは無いだろう。


 漸く――掴んだ。


 無意識に山崎が拳を握る。

 その時、坂本と思われる男が薬売りを伴い、再び裏木戸を潜り中に入っていった。

 どないする――ここは思案のしどころである。

 坂本と思われる男は、あの様子では、すぐにどこかへ行くのだろう。

 それを待ち、坂本を追うか――

 だが、あの男が坂本であると断定するのは早計である。

 先ずは、葉沼屋と伏見丹が繋がっているのかを確かめるのが先決である。

 ならば坂本を諦めるか――それも否である。


「志村」


 山崎に呼ばれ、志村は気怠そうに顔を向けた。


「わては屯所に戻り、副長土方にこの事を報告する。お主はこの場に残り、なにか動きが有れば仔細を突き止めぇ」


 山崎は一度、土方の指示を仰ぐことを選んだ。

 急いでこちらに増援を回してもらい、探索の壁を厚くする。もしもその間に坂本が出て行くようなことがあれば、志村に追わせる。

 志村の尾行には、山崎も一目置いていた。

 だが、事の重大さがどこまで分かっているのやら。志村は懐より飴を口に含むと、怠そうに頷いた。


「えぇな。任せたで」


 一命を賭してもな――と、強い言葉で言い含め、山崎はその場を後にした。


 そんな山崎の背を見送り、志村は荷を降ろすと尻を地面につけた。

 ひんやりと冷気が伝わるが、昼間から歩き通しである。いい加減休みたかった。

 火でも焚いて暖を取りたいところだが、せめて腰を降ろすくらいは構わないだろう。

 そもそも、山崎はくそ真面目すぎていけない。

 一緒に居ると肩が凝る。

 適当に役目をこなして、そこそこの給金を貰う――それで良いではないか。

 田舎郷士の五男に産まれた志村にとって、尊皇だろうが佐幕だろうがどうでもよいのだ。

 何にも期待などされぬ気楽な身の上。己が楽をして食い繋ぐことが出来ればそれで充分。お役目といえ、他人ごとに命を懸けるなど愚の骨頂である。

 この様に――と、再び飴玉を口に放り込む。

 飴でも舐めながら張り込むくらいの気軽さが無くて、お役目などやってられるか。


 それにしても――旨い飴である。

 一粒舐めると、だいだいよりも爽やかな香りが口中いっぱいに広がる。甘すぎるわけでもなく、微かな酸味が有り清涼感がある。だが不思議な事に、舐めていると濃厚なコクが溢れてくる。

 滋養強壮の効能でもあるのか、舐めていると気血に力が漲り、無性に女が欲しくなる。

 これが甘露と言われれば、成程と納得もしよう。


 口寂しくなり、飴を再びまさぐる。

 残りが二つしかなかった。

 ちっ――と、舌打ちし、志村は飴玉をひとつ口に入れる。

 困った。食べ過ぎである。

 だが止められない。


 はて――と、志村は首を捻る。

 そういえば、この飴はどこで買ったのだったか。

 確か、一週間ほど前だった筈だ。

 伏見の稲荷前で張り込んでいた時――そうだ、妙に色気のある飴職人がいたのだ。

 鳥居の脇に店を出していた、若い飴職人が声を掛けてきて、二袋ばかり貰ったのだ。

 御代は結構です――そう言った。

 気に入ってもらえたら、次は御代を頂きますよ――そう言って微笑む若い男の顔に、憶えがあった。

 待てよ――最初から、憶えがあったのか?

 そうでは無く、最近見た顔の中に、飴職人に似た顔が――と、志村が記憶を手繰っていると、裏木戸が開いた。


 身を屈め、中から猫背の男が出てきた。

 坂本だった。

 手に提灯を持ち、坂本は西に向かい歩き始めた。

 あぁ……と、志村は肩を落とした。

 このまま朝まで出てこなければ楽であったものを。これでは追わぬわけにはいかぬではないか。

 深い溜息を吐くと、志村は地面に指で楔形の印を描いた。楔の一端は長くなっており、西を示している。

 これで誰か応援が来れば、西に動いたと言うことが伝わる筈である。

 もう一度溜息を吐くと、六波羅蜜寺の方に向かう坂本を追って、志村も歩き始めた。


 月の明るい晩である故、気づかれぬよう距離には充分注意をする。

 尾行で大切なのは、なにより対象者を見つめ過ぎない事である。と言うよりも、意識を向け過ぎないと言うべきだろう。

 見る。聞く。など、相手に意識を向け過ぎれば、自ずと気が動く。

 やっとうの腕がたたなくとも、そもそも人には、その程度の気配で有れば読む力があるのだ。

 上手に意識を向けないようにしてやれば、距離はあまり関係ない。

 極論を言えば、眼前に居たとしても対象者は認識すらしない事もあるのだ。


 志村は、中肉中背。目鼻立ちも凡庸であり、良くも悪くも十人並み。山崎など、それこそが探索方としての志村の武器などと言うが、そうでは無い。

 この意図的に意識を向けない技こそが、志村の武器なのである。

 だが、前を歩く男は常に周囲に気を張り巡らせている。

 土佐勤王党の残党であるのなら当然のことであろう。

 志村は距離を違えぬよう、最新の注意を払って後を追った。

 坂本は五条橋を渡り、西へ進んでいく。

 本國寺を越え、このまま行けば壬生の屯所も近い。

 まさか大胆にも、この近辺に潜んでいるのだろうか。

 そんな志村の思いを知らずか、坂本はさらに荒れた野辺の方へと進んでいく。


 いつの間にか、月には雲がかかりはじめ、足元も心許ない。

 辺りには人家も無く、ただ枯れた芒の茂る野原である。

 闇が濃くなっていくのが分かる。

 口の中が乾き、志村は飴玉を口に放り込んだ。

 最後か――そう思うと、身体が震えた。

 これで飴が尽きると思うと、ぞっとした。

 お役目どころでは無い。

 こんなことをしている場合では無いのではないか。

 自分はもう、この飴が無くては、一刻とていられぬのが分かる。

 口の中は爽やかな清涼感から、濃厚なコクが溢れ出していた。


 駄目だ――

 このまま踵を返し、伏見に向かおう。それで明日の朝一番に、この飴を買うのだ。

 坂本も伏見に向かったのだと、そう報告すれば良いのだ。

 志村が、そう意を決した時だった。

 ふと、先を歩く坂本の姿が、微かに揺れた。

 すると、見る見るうちに、その姿は糸が解けるように崩れ、夜気の中に消えていく。


「な、なんだ、あれは!」


 脚を止め、思わず声に出してしまう。

 坂本と思っていたモノは姿を失い、ぽとり――と、何かが落ちた。

 志村が慌てて駆け寄ると、枯れた芒の中に、四寸ばかりの土人形が落ちていた。

 その腹の辺りに、六芒星が描かれているが、志村には覚えの無いものである。


「こ、これは一体……」


 何が起こったのか理解できない。ただ志村の背を嫌な汗が流れる。

 口の中が無性に渇き、懐をまさぐる。だが直ぐに、飴が終わってしまった事を思い出す。


「これを御所望なのでは?」


 突如、背後で低い声が響く。


「――ひっ!」


 前方に転がるようにして、志村が振り向く。


「お気に入り頂いたようで、何よりです」


 闇の中に、あの飴の袋が浮かんでいた。


「お試しの期間は終わりですから。御代をきっちりと払っていただけるのなら、幾らでもご用意させてもらいます」


 そこには、伏見から追ってきた薬売りが立っていた。


「あっ!」


 思い出した。あの飴職人――誰かに似ていたのではない。伏見丹の売人の薬売りが、飴職人に似ている――否。目元涼やかな薬売りこそが、飴職人だったのだ。


「このような場所まで来てもらえるとは嬉しゅうございます。それほどまでに気に入って頂けたのですね。この――」


 伏見丹を――と、薬売り《飴職人》が言った。


「ふしみ……丹?」

「はい」


 薬売り《飴職人》が慇懃に頭を下げる。

 その時だった。

 まるで幕を引くように、月を雲が覆い、闇がその匂いを濃くした。


「探していたのでしょう」


 ――と、闇の中に声が響いた。

 薬売りの背後に、白い幽鬼の姿が浮かび上がった。


「新撰組探索方、志村信吾」

「お、おぉう!」


 名を呼ばれ、反射的に答えた。

 その瞬間、金縛りにでもあったように、身体が硬直した。

 白い幽鬼の横に、黒い大きな獣と、肌の蒼白い若い女が現れた。

 逃げなければ――本能的にそう思うのだが、身体は痺れたように硬直したままだ。


「求めよ。されば与えられん」


 幽鬼の言葉を合図にしたように、薬売りが闇の中に下がっていく。

 入れ替わるように、黒い獣と諸肌を脱いだ女が前にでる。

 女の手には、黒い観音像が握られていた。


「な、ななんだよぉ……」


 カチカチと、歯の根が合わない。

 女が白い指先を伸ばし、志村の顎先を撫でると、蕩けるような甘い匂いが鼻腔をくすぐった。

 すると、痺れて動かぬ身体の中で、股間の物だけが熱を持ち、硬く上を向いていく。

 硬く熱を持っていく。


「さぁ、第四の宴を始めましょう」


 幽鬼の血のように紅い唇が詠う。

 刹那。

 女の顔が切なそうに――歪んだ。

 その瞬間、女の白い腹から刃が突き出した。


「ひぃぃぃ――――」


 それは刃では無く、女の背後に立つ黒い獣の爪だった。

 ゆっくりと、鳩尾の辺りから飛び出した爪が、女の恥骨に向かって下がっていく。

 ぞぶりと、それを追うように腸が零れていく。


 うふふふふふ――


 女が恍惚に濡れた顔で悦に浸っていいる。


「おぉぉぉぉぉあぁぁ――――」


 その異様な光景を目の当たりにし、志村自身も猛っていた。


 次の瞬間。

 驚くことに女は、手にした観音像を、裂けた己の腹の中に捻じ込んだ。

 はぁ――と、安堵の表情を浮かべ、女は愛おしそうに腹を抱える。

 その姿はまるで、子を抱く母の様であった。


「主よ。来ませり」


 幽鬼の声が闇に響いた。

 最後に憶えているのは、生木を裂くような異様な音だった。

 獣の爪のひと薙ぎが、志村の首を吹き飛ばした。

 志村が耳にしたのは、己の肉が千切れ骨の砕ける音だった。

 ぼとり――と、志村の首が、二間ほど向こうの草むらに落ちた。

 首を無くした身体から、吹き上がる血を浴びて、女が恍惚の表情を浮かべたまま崩れ落ちた。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る