君が残した寂しさを。

作者 水無月