Line

作者 辰井圭斗

独特な世界観

  • ★★ Very Good!!

受験期を前にした男女二人のお話です。
絵画という独自の世界で、二人の「友愛かつ良いライバル」における心情が丁寧に表現されている作品だと思います。

専門用語が出てきますが、意味が分からなくても作品を読むうえで支障はほとんどありません。それよりも、描写が細かく想像しやすいことで補っているように感じます。

タイトル「Line」の伏線もきれいに回収されていたと思います。
後味がすっきりとした作品を読みたい方にお勧めです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

吉城カイトさんの他のおすすめレビュー 28