Line

作者 辰井圭斗

稀なる一瞬。

  • ★★★ Excellent!!!

あたりまえのことだけれど、文字には、文字自体には色も、匂いも、味もないのだけれど、ふとした拍子に、その文字と音の列なるイメージと呼吸に、自分の記憶と絡まり合って、音や色や匂いや、そして雲からさす宗教画のような陽のひかりであったり、そんな在るはずのない何かをかいま観ることがある。
誰もが異なったなにかを想起しているのだけれど、こころ(がどこにあるのかはさておいて)を包む幾層もの襞をかいくぐって、とてつもなく大切な何か、美しい何かに出会えることがある。

私は「美しい」とよく口にしてしまうのだけれど、この「美しい」は真円でない。なにかしらの欠落といびつさを持つ。ひたすら高みを希求し、恐ろしく真摯であるがゆえに「美しい」。

何を言いたいかというと、そんな稀な美しい一瞬に出会える作品です。

ぜひ、ご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

濱口 佳和さんの他のおすすめレビュー 63