うぉ~きんぐ・りばてぃ~由紀くんの秘密の魔導書(日記帳)~

作者 律角夢双

02」への応援コメント

このエピソードを読む

  •  肩越しに身を乗り出しても背中や腕に当たってくるものが無いぱろ☆さんきゃわわ。

    作者からの返信

    やっぱり「フェイク」でもいいから盛った方がいいのかしら……なんてコトを彼女は考えてないですぞ? あれ、誰かの作品で見たような(勿論パクったわけじゃないっすよ。連載開始時点で結末まで全て展開は決まってましたんで☆)

    2020年9月13日 19:14