うぉ~きんぐ・りばてぃ~由紀くんの秘密の魔導書(日記帳)~

作者 律角夢双

01」への応援コメント

このエピソードを読む

  • マジックはミステリと似たところがあると思うのですが、「ミステリ好き」とは相性が悪いようですね……私、完全にタチの悪い側の人間でした(笑) もちろん驚くこともなく見破りましたとも♪

    作者からの返信

    見て下さってありがとうございます! 見破られましたか……無念、なーんて言っちゃったりして。まぁこれは古典中の古典ですからね、しかし生の演技でコレを見せられると意外と驚くんですよ、コレが。やはりマジックは現物を見てなんぼってモンなんです(この小説の意義w)

    この作品ですが、ある種のゲームブック感覚で読んでもらうのが一番かなと。ミステリ要素はありますけど厳密な意味でのミステリではないので、ミステリ好きの方からするとかなり眉を顰めたくなる内容も多いです。コメディ路線のミステリと、奇術小説を上手く組み合わせられないかなーという実験作的なものですゆえ、広い心で受け入れて下さると幸いです!

    2020年11月14日 20:52

  • え?え? なんでなんです?
    なんであたったんでしょうか?
    私の選んだカードが消えたんですけど------!

    作者からの返信

    閲覧ありがとうございます! そうそう、その反応ですw 私も初めて見せられた時に飛び上がった記憶があります。

    2020年9月15日 18:29