うぉ~きんぐ・りばてぃ~由紀くんの秘密の魔導書(日記帳)~

作者 律角夢双

すべてのエピソードへの応援コメント

  • おまけ:用語集+αへのコメント

     ポニーさんのセリフ(鳴き声)どうやって書いてんの頭狂ってんの? って思ってました。ポケベルかよっ! ってわかんねーか。言っておくが、私もポケベル世代でゎなぃ。

    作者からの返信

    失敬な、拙者とてぽけべるくらいはわかりまするぞ!(使ったことはないけど)

    そのご様子だとまだ「完全解答集」は封印なさっておいでのようですね。馬言語の秘密もそこに書いてあります☆ ちなみに似たような特殊言語を使った糞短編の解答もどっかにあるらしい――

    2020年10月2日 22:56

  • 真・あとがきへのコメント

     あ、あとがきあったのね。前話にマジコメントしちゃったじゃないのー! このあほー!

    作者からの返信

    アホでスマン……あ、一応オマケがあるんで、そっちもヨロシク☆

    2020年10月2日 21:33 編集済

  • Walking Livertyへのコメント

     ポニー庭木とコバルト大石の既視感はそれだったかー、って昨日思いました。懐かしいなーって動画漁りたくなりました。
     仕掛けられた謎は難易度高かったけど、お話や各キャラクターは面白かったし大好きです。色々わかった上で初めから読み返そっと。各話の意図まで含めて読み解くのも私には楽しいものなので。律角さんの次回作も楽しみにしてますね。完結おめでとう! お疲れ様でした~。

    作者からの返信

    最後までお付き合い下さってありがとう! ホンマリチャード先生のコメントには励まされました(原稿自体はもう9月中頃にはほぼ全て完成してたのは内緒♪)

    ナポレオンズのボナさんは世間一般ではあまり知られていないですが、多くのマジシャンに尊敬されている御方です。実際マジで凄腕なんですよ! 小石さんの方は、実は私はあまり知らなかったり……最近まで御病気で入院されていたご様子ですね。

    次回作ですが……完全にガラリと作風が変わります。先に言っちゃいますけど超ハイカロリー高密度のくどすぎるテキストの暴力となる予定ですので、よろしければ腰を据えてお付き合いいただけるとありがたいです。リチャードさんの作品も楽しみに待ってますよ! つーか、キャラクターが立っててマジで羨ましいっす☆

    2020年10月2日 21:32

  • 最後のあいさつへのコメント

     ほっぺにチウですか~ッ!

    作者からの返信

    接吻にござります、ハイ。ほっぺかおクチかはお好きな方でどうぞ☆ 明日、最終回です!(本当のね)

    2020年10月1日 19:49

  • Hello,and goodbyeへのコメント

     ここでWalking Libertyですか~ッ! いい名前だ、うん。……こっそりパクろっと。

    作者からの返信

    ありがとうございます! ちなみにご存じかも知れませんが、「ポニー庭木」と「コバルト大石」の元ネタですが、ナポレオンズの御両名であられるパルト小石さんとボナ植木さんから拝借させていただきました――「あったまぐるぐる」の手品、多分若い子たちはもう知らないですよねぇ(溜息)

    2020年10月1日 19:46 編集済

  • Duplicateへのコメント

     ポポ! ポニニニ! 馬ァ! 手癖の悪い馬ァ! 若干の怒りが私の中にw

    作者からの返信

    お、お冠ですか⁉ それは伏線が雑的な意味で⁉ す、すみません……

    2020年10月1日 19:42

  • 07へのコメント

    やっぱり分からなかった。
    3回読みなおしたけど、なんとなーくな理解しかできてない気がする。
    これは、きっと眠いせいだ。だってもう朝だもの。眠いから分からなかったんだ。そうしよう。いや、そうさせてください。

    作者からの返信

    三回も読み直してくださったとは……ありがとうございます!

    皆さんの反応を見る限り、やっぱ難しいっぽいですね……しゃーない。完全解答付けることにします! 誠実な皆さんなら、他所で吹聴することもないでしょうし……。

    2020年9月29日 06:21

  • カバーストーリーへのコメント

     すっかりアキヤが主人公っぽくなってますが、ぺったんこ由紀ちゃんがんばれー。マスターのキャラ好きだったからちょっと残念。エロジジイは成敗されちゃえ!

    作者からの返信

    レディに淫らな行いをしようと企む男は皆消え去るべき……あれ、それじゃ私が最初に消えるか???

    裏表紙のネタは納得していただけるかなぁと不安でした。ひょっとすると「こじつけ」じゃね、って言われるかもと思ったので。個人的には頑張ったつもりなんですがね……この英文、大丈夫なのかしら?

    ちなみに――教授がユキちんに「揉んでもらうがいいぞぃ」と言ったのは(自主規制)

    2020年9月28日 19:41

  • Change the worldへのコメント

     そ、そうだったのかー!


     ごめんね、ミステリーって普段ぜんぜん読まないから普通に筋追って読んで、今普通に楽しい。謎解きチャレンジして解明してから読んだらもっと楽しいんだろーけど。

    作者からの返信

    ありがとぉごせーます! いつもコメントありがとう! 下書き中、ユキちんのこと何度も間違って「彼」と書いて何度も消しましたw 彼女を「男」と呼んでいるのは全員「よその人」ですし、またぱろ☆さんとユキ(+アキヤ)が同時に登場するシーンはありません。トドメに何故かユキちんが「買い出し」という「裏方仕事」を依頼されている――というのがヒントでした♪ 実はこれ以外にもユキちんが「女性」であるというヒントがあったのですが……後ほど明らかになります。

    実は私もミステリは全然読みませんw 最近綾辻作品をちょっとだけ齧った程度。あと最終パートはミステリ風味のファンタジーなんで、解かなくても大丈夫ですよん♪

    2020年9月25日 20:54 編集済

  • 01へのコメント

     何メートルの高さから落ちたんだろう? ちょっと雑な感じの帰還、絶妙ですわ~絶品ですわ~!

    作者からの返信

    多分魔法陣の座標指定が甘かったんでしょ(すっとぼけ)

    2020年9月22日 12:26

  • 第6幕 解説へのコメント

     かの不朽の名作『ドラえもん』も6巻でいったん終わって7巻からまた続いたっけね。私はもう、続くか続かないかのほうが気になって気になって仕方なかったですよ、はあ。

    作者からの返信

    こっちは「迷作」ですけどね……。むしろ「帰還の儀式」のトリックが読者に正確に理解していただけるかの方が気がかりで仕方ないです、ハイ。

    用語集の方にもチラっと書きましたけど、「偽クレジット」にご注意くださいますと、これ幸いにございます――こんなアホみたいな作品を読んでくださっていつもありがとう!

    2020年9月21日 21:11

  • 第3幕 解説へのコメント

    はい、私も騙されました。きちっとね。
    ホント、文章読むのにこんなに警戒しなきゃいけないなんて・・・・、気持ち良すぎです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。素直に引っかかって下さると非常に嬉しい限り☆

    おそらく次の「第4幕」がトリック的には一番意地悪だと思います。マジシャンだったら「あぁ、アレね」で一発でバレるネタなんですが……質問等も遠慮なくどうぞ!

    2020年9月20日 17:20

  • 用語集―第6幕 01へのコメント

     あえてググらないでいたんですけど、そういう意味というか由来だったのね。響きがいいよね。なのでこのタイトルすげー好きなんです。ひらがななとこも含め。

    作者からの返信

    ありがとうございます、実は吾輩もこのタイトルはひそかに気に入っていたりするのですじゃ!

    ――本当は普通に「ウォーキング・リバティ」というタイトルで、奇術絡みでバーにやってきた人々の悩み解決のお手伝いをする、みたいな構想があったんですけど……私の実力では無理がありすぎましたw

    2020年9月19日 23:59

  • 01へのコメント

     あれ? 終わっちゃうんです?

    作者からの返信

    物語には全て終わりってもんがあるのさ……なんて話は置いといて。

    終わるかどうかは、もうちょっとしたら分かります!

    2020年9月19日 20:59

  • 第3幕 解説へのコメント

    なんと!
    も、もう一回読み直してきます(; ・`д・´)

    作者からの返信

    まぁトリックとしてはかなり平々凡々ですけどね。ミステリマニアは頷いてはくださらんだろうという自覚はあります。多分次の「第4幕」が謎解きは一番厄介だと思うので……お時間あれば挑戦してみて下さい!(わからんかったら質問くださっても結構ですよ!) 度々のコメントありがとうございます☆

    2020年9月19日 19:25

  • 04へのコメント

    ポニーさん、テンパりすぎです(笑)

    作者からの返信

    この役立たずの駄馬がぁ! と罵ってあげても……いや、やっぱそれはやめたけでくださいw 彼もきっと見せ場があるはず!

    2020年9月19日 19:22

  • 06へのコメント

     いやー無理でしょ! こういう引っ張り方ずるいけどわかりやすくていいと思います! ずるい!

    作者からの返信

    ホンマいつもコメントありがとうです、励みになります!

    さぁて、ユキちゃまは何て言ったと思いますか? よろしければ考えてみてやって下さいな♪ ちなみに……もうここまででピースは「全て」出揃っています! いやいや無理無理ゼッテーわかんねぇとおっしゃるなら……「解説編」をお待ちくださいませ☆

    2020年9月16日 23:15

  • 05へのコメント

     いやー、演出のために読み手にストレスかけるのって、おっかなくて私ほんとムリムリできない! って感じなんですけど、この話に限らずよーやるなーってほんと感心します。ダークホース言ってるのに馬ァ!じゃないのねw

    作者からの返信

    ゔっ、遠回しにダメ出しされた感……(シクシク)

    正攻法で読ませる文章じゃ、ここにおられる皆さんとは太刀打ちできませんもの。あたしゃ邪道を行くしかないんですわ……笑って許してやって下さい(次回作はもちっとストレスフリーにしたいとは思ってますが)。

    ダークホース、ダークホースって……何でこんなに私、強調しまくってるんでしょうね?(ニヤリ)

    2020年9月16日 23:09

  • 第2幕 解説へのコメント

    やはり解説があると分かりやすいですね。
    ちょっと見直してきます(^ω^)

    作者からの返信

    閲覧ありがとうございますっ!

    「第2幕」は基本的に「謎解き要素」はほとんどないので、あまり躍起にならなくても大丈夫ですよ! 「第3幕」から本格的に作者からの挑戦形式になりますので、お楽しみに☆

    2020年9月15日 18:37 編集済

  • 第1幕 解説へのコメント

    まんまとだまされてしまった。
    そういうことだったのか。
    こんな小説ってあるんですね。
    びっくりしました。
    引き続き騙されに行ってきます。
    Mなんで。

    作者からの返信

    そういうことだったのですw マジックってものは往々にして、「タネを知ってしまえば何てことない」という作品は多いです。まぁそれを感じさせないようにマジシャン側は結構気を遣ってたりしますが。

    「第2幕」は謎解き要素はほとんどないので、本格始動は「第3幕」から、って感じになってます。もしよろしければ……完結までお付き合いいただけると嬉しいです。後に行くほど難易度は上昇しますので……「解説」を見てもワカラン場合は遠慮なく聞いて下さい。何等かの形で対処いたします!

    2020年9月15日 18:35

  • 01へのコメント

    え?え? なんでなんです?
    なんであたったんでしょうか?
    私の選んだカードが消えたんですけど------!

    作者からの返信

    閲覧ありがとうございます! そうそう、その反応ですw 私も初めて見せられた時に飛び上がった記憶があります。

    2020年9月15日 18:29

  • 第1幕 解説へのコメント

    トリックの解説があると、分かりやすいし、読み直したくなりますね!( ´∀` )b

    作者からの返信

    早速の閲覧ありがとうございます! なかなか完全なネタバレを避けつつ解説すんのは骨が折れますが、騙しだまし書かせていただいた次第です。

    (こんなこと書くとアレですが)ただおそらく次の「第2幕」がトリック的に一番盛り上がりに欠けるので……本格的に謎解きチックになるのは「第3幕」からだったりします。そんなこんなで、今後ともよろしゅう頼んます~。

    2020年9月14日 22:03

  • 04へのコメント

    ユキはアキヤのマジックに絡むのかな? 兵隊山盛り禿げ頭……うーん全然わからん。馬ァ!

    作者からの返信

    もちろんお察しの通り、マジシャン同士の「暗号」的なものですね。元々は「現実の」マジック界に存在する暗号を拝借する予定でしたが、やっぱり極力「タネ」の部分に触れないようにするために、私オリジナルのモノに差し替えました。何でおそらくマジシャンでもイミフだと思いますw

    とりあえず謎を解くのは「解説編」までお待ちいただければと。あと「第4幕」の「透視の謎」についても、解けた解けなかった如何に関わらず報告下さるとありがたいどす~。

    ……ていうか「透視の謎」、解明して下さった方いるのかしら? でも完全解答は書きたくないし。

    2020年9月14日 21:10

  • 用語集―第5幕 03―へのコメント

     メ、メタルスレイダーグローリー……。今見ると絵きつい......。

    作者からの返信

    そういうのもありましたか(全く知りませんでした。にわかでスマヌ)。HAL研は傑作から怪作まで幅広く出してますよね。最近ゲームしてないなぁ……って、何の話してるんでしょうねw

    それはともかく、いつもコメントありがとうございます! 完結はまだもうちょっと先になりますので、よろしければ今後ともお付き合い下さいませ☆

    2020年9月13日 23:11

  • 03へのコメント

     地の文にもスルーされる馬ァ!

    作者からの返信

    ポニーちゃんはきっと……きっと……活躍するときがやってきますっ。ただの意味不明なオッサンじゃないはずなんだ(多分)

    2020年9月13日 21:25

  • 02へのコメント

     肩越しに身を乗り出しても背中や腕に当たってくるものが無いぱろ☆さんきゃわわ。

    作者からの返信

    やっぱり「フェイク」でもいいから盛った方がいいのかしら……なんてコトを彼女は考えてないですぞ? あれ、誰かの作品で見たような(勿論パクったわけじゃないっすよ。連載開始時点で結末まで全て展開は決まってましたんで☆)

    2020年9月13日 19:14

  • 01へのコメント

     麗子ってこないだの麗子ちゃんですかこれはつまり! ババーン! 謎は全て解けた!

    作者からの返信

    謎全部解けちゃったんですか⁉ 貴方ひょっとして天災ですか?(誤字)

    麗子姐さんは……何者なんでしょうねw

    2020年9月12日 23:26

  • 開演前のご挨拶へのコメント

    出始めでおやおや感のある意表の突き方。引き込まれますね。

    これから楽しみに読みに来させていただきたいと思います。

    前回応援コメに追記させていただきましたが、
    改めて、★、ハート、コメント、レビュー網羅していただき本当にありがとうございました。これからもせいいっぱい頑張って白河にどんぶらこしないように踏ん張ります。

    作者様との刺激あるやり取り、楽しいです。
    おかげさまで、さきほど2章の終わりの場面が天から降ってまいりました。
    感謝に耐えません。

    作者からの返信

    こちらこそありがとうございます! 過分なお言葉に恐縮しきりです……。

    拙作は「構成の都合上」、どうしてもサクっと読めるようにはできておりませんが、何卒ご容赦下さればと思います。今後ともよろしゅうです☆

    2020年9月12日 23:02

  • 登場人物紹介へのコメント

    私の作品を読みに来てくださりありがとうごじます。
    ハートまで頂きまして感謝の極みでございます。

    これを機会に御作を読まさせていただきたいと思います。

    よろしくお願いします。

    追記:
    応援コメントまでいただいたのにさらに評価までしていただき、本当にありがとうございます。
    もっともっと楽しんでいただけるよう頑張って書き継いでいきます。

    追記2:
    素敵なレビューありがとうございます。
    いただいたレビューに見合うような作品であり続けられるようテンあげしていきます。

    作者からの返信

    こちらこそありがとうございます! ニッチな分野の話を執筆しているものとしては大変嬉しい限りです。著者様の作品も是非是非拝読させて下さいまし(当方は無教養なせいで中々ついていけないのがもどかしいですが……)。

    拙作は出来る限り(手品に興味ない人でもお読みいただけるように)コメディチックなストーリーになるようにしておりますが、その実は一種の「仕掛け本」でもあります。何で、その「からくり」が明らかになるまでお付き合い下されば……いや、強制は致しませんけども。それはともかく、コメントありがとうございました!

    2020年9月12日 09:03

  • 07へのコメント

     ナナミちゃんとユージン君にもってかれちゃったけどいーんですかアキヤさん?
     ルビ芸見習いたい。

    作者からの返信

    アキヤんは女の子に袖にされまくって鍛えられてるのでその程度のことには頓着しないのであります。「不死身のアキヤ」の二つ名は伊達じゃないんですなぁw

    「情報漏洩」は、「ぶっちゃけ奇術パートわけわからん」という方に向けての苦肉の策です。ニッチなジャンルなんで仕方ないんすけど、できれば「透視術」の謎にも挑んでほしいというのが私の願いなのですが(儚夢)。ファンタジー名乗ってますけど、一応ミステリでもあるんです、ハイ。

    2020年9月11日 21:24

  • 06へのコメント

     赤外線でも使うんですかねー?

    作者からの返信

    せ、せ、赤外線なんてハイカラなモノは使わんとですたい(赤裸々な告白)

    いつもコメントくれる優しいヨーク家の偉いサンに特別に教えちゃうけど……もう「セットアップ」は完了してますぜ、ってコメントは皆見れるからダメだったか(テヘペロ)

    2020年9月11日 19:08

  • 用語集―第4幕 05―へのコメント

    ここでお姉さまが出てくるとは思わなかった。

    作者からの返信

    ええ、良くってよ(実を言うと私は世代じゃなくてスパ〇ボで知ってるだけなんですが)

    2020年9月11日 19:10

  • 05へのコメント

     アキヤがまともに仕事してんの初めて見たかも? やるじゃん。「ほぉら」とか「だぁれ」とか好きですね~。それより何より、冒頭のセリフがいい! パクろーっと。

    作者からの返信

    アキやんは相手に応じて演じ分けができる器用系で、ユキくんは誰が相手でも同じスタイルで演技する真面目タイプ……というのが私の脳内イメージだったりします。どっちが優れてるということは特にないですけど。

    冒頭のセリフは一応自分で考えたんですが――検索したら先駆者がいらっしゃった模様。誠に残念でなりませんっ(悔し涙)

    2020年9月9日 23:04

  • 04へのコメント

     ユルユルで、でもマニアックで、何言ってるか正直わかんないけど何やら楽しい。キャラが立ってるんですよねー、ごくごく自然に。馬ァ!は怖いけど。
     マスターは若い頃はアキヤみたいだったってことですかい、と私は律角さんの心を透視します。

    作者からの返信

    すみませんすみませんすみません! マニアックすぎる展開は今後抑え目になる予定ですので許して!

    マスターとアキやんの関係については……ノーコメントで(明後日の方角を向きつつ)

    2020年9月9日 22:59

  • 03へのコメント

     何やらマニアックな事を喋ってるのはわかる、わかるしその内容はわかんないけど面白い。これって相当すごいことだと思うんですよねー。ぱろ☆さん出せ。

    作者からの返信

    マニアックで済まぬ。用語集でちょっとだけ補完してますが、ここで出てきたマジシャン2人はモデルが存在しまして、(コメント欄なんで名前出しますが)Shin LimとDani DaOrtizというマジシャンです。前者はYoutubeチャンネルをお持ちです。後者は私の超絶お気に入りで、Youtube等に動画もあるのですが……英語(或いはスペイン語)がある程度堪能でないと厳しいかも? あ、またマニアックなこと喋っちまった☆

    ぱろ☆さんは……恥ずかしがり屋さんなんで、許してあげて(切実)

    2020年9月8日 22:51

  • 02へのコメント

    これは濡れ透け! 濡れ透け! このスケベ! いいぞもっとやれ。ということであれですか、今回は透視のマジックですかこれは(千里眼)。

    作者からの返信

    濡れ透けは正義だと田舎のじっちゃが言ってました(嘘)

    投資のマジックですって? いけませんぞ、インサイダー取引は……貴方はエスパーですかっ⁉ 何故「透視」のマジックがテーマだとわかっ(伏線)

    2020年9月8日 19:56

  • 02へのコメント

    マスターにも怒りのシャワーがかかりましたね。
    どんまいです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。Don't mind. いや、レディの御前なんだからもうちょっと気にしろよって話ですけども。むしろこの男(マスター)にとってはご褒美まであるやも知れませんなぁ……とんだ変態野郎だな、こりゃ。

    2020年9月7日 21:55

  • 01へのコメント

    マジシャンっていう人種はつくづく変態だなあと毎回思わされてます! しかもこの店の人たちはみんなマジシャンなんですよね? ぱろ☆さんもでしたっけ? 馬ァ!は馬なんだからヒヒーンじゃねえのかよ。

    作者からの返信

    何をおっしゃいますやら、物書きは皆「言葉のマジシャン」ですけん、ここにいるほとんどの皆さんは変態ですばいw

    一応私の脳内設定では、ぱろ☆さんはマジックの知識は豊富だけど、その性格ゆえ人前で演技をすることはない、って感じですかね。「見る専」とはちょっと違う、というイメージだと思って下されば結構かと思います。今後ともよろしくです☆

    2020年9月6日 21:59

  • 第3幕 解説へのコメント

    ミスディレクションとかミスリードとか、まんまと引っかかっちゃうんでほんとアレ。俺は騙されやすいタイプなんだ。

    作者からの返信

    引っかかって下さって嬉しゅうございますぞ、殿(いや、実はわかり易すぎ余裕w ってのが本音だったらドヤって下さってもいいのよ?)。「クロースアップマジック独特の臨場感を、叙述トリックで表現できないか?」という試みだったのですが、上手くいってるといいですねぇ……。

    2020年9月5日 22:37

  • 05へのコメント

    馬ァ!w
    いや~予想外の展開続きでくっそ面白かったです。マジックは演出。はっきりわかんだね。それを小説に落とし込むこの誰も見たことのないこれ。くそ! もっと読まれろ! 馬ァ! 手癖悪いぞ!

    作者からの返信

    そう言っていただき恐悦至極……正直「第2幕」の「マジックパート」が一番説得力が薄かったので、「第3幕」で挽回したいなーと思っておりました。今後ともよろしゅうお頼み申しますぅ。

    2020年9月5日 20:23

  • 用語集―第3幕 04―へのコメント

    馬ァ!

    作者からの返信

    ヒヒ~ン……ポニポニ♪

    リチャード様にもきっとポニーさんの喋っていることが分かるようになりますって! ……多分だけど。それはそれとして、いつもありがとうございますっ!

    2020年9月5日 13:03

  • 04へのコメント

    やばい、アキヤさんかっこいい……。馬こわい。いいですねえ、最高にワクワクプルプルしちゃうじゃないですかこのお話! あ、プルプルってのはこの私の麗しい唇のプルプルぐあいを指してます。

    作者からの返信

    「プルプル」ですと? ぷるんぷるんのプディングでもご所望なんですか? 或いはビール缶のプルタブ? 或いは「ZZガン〇ム」の大人気幼女姉妹ですか? ――取り乱しました。いつも応援ありがとうございます!

    2020年9月4日 22:41

  • 用語集―第3幕 02―へのコメント

    くつわの事気になって調べちゃいました。なるほど、ギャグとジョークの違い。勉強になるわ~。

    作者からの返信

    実は私も今まで知らなかったんですけどねw 案外言葉の本来的な意味って知られてなかったりしますよね。物を書かせていただく以上、最低限そういうところには気を配らんといきゃんな~、って思ったり。まぁ私の場合、それ以前に語彙力足りなさ過ぎて禿げそうなんですがw

    2020年9月3日 23:00

  • 03へのコメント

    たしかに、指輪ってよく見る気がしますね。アキヤは自分ルールを曲げないタイプ……気が変わるとグニグニ自分で曲げまくるタイプ! マスターいい味! 馬こわい! 貧乳バンザイ!

    作者からの返信

    強引ぐまいうぇい=アキヤ、ですなw だけどアキやんはそれだけの漢ではないのです、活躍をお楽しみに!

    あと、馬さんはきっと、きっと怖くないのですよ~。だからもっと優しくしてあげてほしいのですよ~……でもやっぱ怖いよねw

    2020年9月3日 22:57

  • 02へのコメント

    ぱろ☆さん、まな板でしたかっ! いいですねえ……。まともそうな方だけに不憫。出番少ないですし?

    作者からの返信

    不憫ですと? そんなコトはない! 彼女はまな板だから良いのであり、そこに意義があるのだっ……なーんつってな♪ 彼女の活躍はこれからもちゃーんと用意されておりますので(予定)、どうぞご期待下さい!

    2020年9月2日 23:12

  • 01へのコメント

    ポニー庭木……登場人物紹介を見たら手癖が悪いって書いてあったんですけど……!
    てか、これ、会話してるんですか、これ? やべーw

    作者からの返信

    毎度どうもです! ポニーさんの「手癖の悪さ」については、さっそく次回から発揮される予定ですw 会話が成立しているかどうかについてですが――多分マスターも、ぱろ☆さんもよく分かってないんじゃないかしら? その辺りも次回以降のお楽しみ、ってことで!

    2020年9月1日 22:16

  • 06へのコメント

    女性陣のテンションのがた落ち具合w 水と油もうまいな~って。ちゃんと落とす丁寧さ、見習いたいですねえ……。

    作者からの返信

    ありがとうございます! 第2幕は「水と油」をテーマにした段階で、「サゲ」は既に決めてました。が、そこまで辿り着くための道筋は……かなり強引ですw マジックの実演の描写はなかなか難しくて泣きそうですが、何とか雰囲気だけでも伝わるように頑張らせていただきやす!

    2020年8月31日 19:24

  • 04へのコメント

    まさか、あの酢パゲティが事件の発端だったとは!
    めっちゃ面白いです。マジックのことも知れて、本当興味深いです。

    作者からの返信

    ご閲覧下さりありがとうございます!

    「酢パゲティ」→あぁぁぁぁぁ!!! そう書けば良かった! アナタもしや、天才ですか⁉ まぁ私は所詮にわかマジック愛好家なんで、少ない知識を絞り出して書いていこうと思いますっ! あとファンタジー要素については、もうちょっと先になる予定(だいぶジャンル詐欺に近いですが、許してw)

    2020年8月29日 22:09

  • 02へのコメント

    マスターがよく笑う方で楽しいです。

    作者からの返信

    見て下さり、ありがとうございます! 「手品」という一般の方には馴染みの薄いテーマを題材としておりますが、何とか楽しんでいただけるよう努めて参ります!

    マスターは、「いい人」ですねw  そう、とても良い人です――フフフ。

    2020年8月28日 20:24

  • 登場人物紹介へのコメント

    池田教授の特別講義を読んでいただきありがとうございました。シュールな感じとは他の方にも言われました。また、頑張ります!