幕話 リンダの最後

327年前 


    リヴァリオン城内


 暗闇の中にろうそくの光だけか静かに灯る。


 ひとりの女性は寝所から起き出す。窓から見える月を見る。

 

 彼女は決意を固める。


 ダリル、許して。 


 この汚れた身体であなたの元に嫁ぐことは出来ない。

 

 さようなら、ダリル。


 神様、この剣に私の命を捧げます。


 どうか、この国に危機が訪れた時この微力な私の力が少しでもこの国を救えますように…


 リンダは自らの力を短剣に注ぎ込むように手に力を込める。


身体中から白銀色と金色の光が溢れ出し短剣に注ぎ込まれていく。


リンダは自らを短剣で刺す。


我が命、リヴァリオンとともに…


 短剣を握る力はなくなりリンダは目を瞑る。


 カラーン。


 例え、どんな場所でもダリル愛してるわ。


 ダリル、幸せになってね…


 リンダの魂は剣の中で深い眠りについたのだ。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る