第14話 解き放たれる運命の鎖2

ハルクは動揺しながら尋ねる。

「どうして陛下が賊の子孫だとわかっんだ?」

クリストファーも同様に疑問を持っていた。

「それは陛下の身体から出るフローラルの呪いのもやがしっかりみえますからね。」


「ひっく、ひっく、父さんも見えてたの?」

 ダリルはポケットからハンカチを取り出しリーラの涙を優しく拭く。

「あぁ。」

「あなた達は呪いが見えるんですか?」

ビルが信じられないように尋ねる。


「はい。他の賊達も同様のもやが出ていましたからね。私はフローラルに加護を与えられています。加護を与えられた者は精霊が見ることができます。今も陛下のまわりに黒いもやが見えてます。


 もともと光の精霊が初代王に加護が与えその子孫である王族達も特別な力つまり癒しの力が使えたのです。特に第3王女のリーリラは多大な力を持っていたと聞きます。初代王ラクラインと同じ銀色の髪、青色の瞳。これが継承者の証です。彼女は、癒しの力を奪われない為に全ての力を使い精霊の契約切りました。 

それからの国が皆さんが知っているリヴァリオン王国の姿です。

 

 私は、神の仕業か300年後の今の時代に飛ばされてました。恐らく継承者である彼女を守るためでしょう。彼女は、娘では、ありません。

 彼女の真名は、リーラ・リヴァリオン・ラクライン姫、第3王女です。

 300年前リーリラ王女は、内密に騎士のエステール家に降嫁されました。その子孫が、王家の側室となり、生まれたのがリーラ姫です。唯一のラクラインの血を継ぐ者です。」


 皆が目を見開きリーラを一斉に見た。

「父さん、全部話してしまって大丈夫なの?」

「うーん、多分さ。さぁ、リーラ、ひと仕事するぞ。聖剣様、勝手に判断して申し訳ありません。フローラルを楽にさせてやりたいのです。」


リーラの剣がキーンと響く。


ダリルは、クリストファーの両肩に優しく手を乗せ、目を見つめる。


「久しぶりだな。フローラル。探したぞ。こんな所にいたんだな。私がわかるかダリルだ。もうすっかりおじいさんだ。すまない、私が頼りないばっかりで、リンダを守れなくて。

迎えに来るのが遅くなったな…

フローラル、もういいんじゃないか?

子供達には、罪はないよ、

フローラル、目を覚ませ。」


「うっ。」

クリストファーの脳内に異変が起きた、何かが動く気配がする。

リーラが剣を出し、クリストファーの額に鞘先をあて、リーラの額もあてる。

「フローラル、はじめまして。リーリラ様の子孫のリーラです。エクストリアもいるよ。お疲れ様。さぁ、還ろう。リンダ様も待っているよ…」


『フローラル、

長かったな、泉に還ろう。』


 リーラの体から白銀色の光が溢れ出し、光がクリストファーを包み込む。

額からも温かい力が入ってくる。クリストファーにしがらみついていた何かが剥がれていくようだ。


 クリストファーにある光景がみえた。金髪の美しい男女が花畑で抱きしめあっている。2人は、幸せそうに笑いあっていた…

 クリストファーの目から自然と涙が溢れる、そして体から金色の粒子が体の外に出て行く。金色の何かは、ダリルの周りを漂い、そしてに空に上がっていく。

「あぁ、フローラル、先にリンダの所へ行ってくれ。必ず後から行くから。」

ダリルの瞳から涙が溢れる。

「バイバイ。フローラル、元気でね。」

リーラは、金色の光が見えなくなるまで手を振り続けた。



「おい、クリストファー、おまえ瞳の色が戻っているぞ。」

「本当なのか…」

ビルがクリストファーを抱きしめた。


「呪いが解けたのか…


ダリル、まだ死ぬなんて許さんからな。」

ハルクは、ダリルの肩に手を置いた。




「リーラ姫が持っている剣は、聖剣なのですか?」

クリストファーがダリルに尋ねた。

「聖剣と呼ばれていますが、もともとは、精霊様です。力の継承者のみ扱える剣です。リーラ見せてごらん。」

リーラは剣を見せる。

「この紋章は、国の印です。太陽と月…光の力を意味します。私の剣には、太陽と月と薔薇が刻印されています。薔薇は、リンダの花の妖精の加護の意味です。」

ビルとクリストファーは、剣をまじまじと見つめ、聖剣を触らせてもらうが剣を抜く事は、できなかった。

『我に触るな!!』

「エクストリアが触るなって言ってるから剣を返してください。

あっ、そうだ、このネックレスも意味ある?」

リーラは、首にかけていた金色のネックレスを出して見せる。先には、ネックレストップに太陽のデザインがあった。ダリルは、その瞬間、目を見開き驚いた。

「これは…リンダの形見だ。金で出来ていて、太陽の中心は、ダイヤが埋めこんでいる。バーバラに最後の別れにネックレスをねだられたんだ。再会する時に返すと。ふっ。リーラが持っていたのか。これからも大切に持っていてくれよ。」

「わかった。ありがとう。父さん。」

リーラは、ぎゅっと太陽の形をしたネックレスを握りしめた。




「ダリル殿、我が先祖の無礼、誠に申し訳ありません。リーラ姫は、我が一族にかけて必ず守ります。」

クリストファーは深々と頭を下げる。

「彼女には、特別な力があります。

決して悪用せず、利用しないでください。私も命ある限り彼女を守ります。

陛下のお力で彼女をお守り頂きますようよろしくお願いします。

 あと…臣下なので呼び捨てにして頂かないと。」

「いや、我が一族の命を救って頂いたのに。

ダリル様でも良いのですが、周りに

変に勘ぐられるのもと思い…」

「そんなことどうでもいいさ、クリストファー!リーラって第3王女と言う事は、ローズの妹でしょう!俺の義妹だろ。」

ビルは、興奮しながらリーラを見る。

リーラは、ビルを睨み付け、

「あんな奴、姉じゃない!姉なんて、私には、いない!」

しかし、ビルは、全くお構いなしに、

「リーラ、お義兄にい様と呼んでごらん。」

リーラは、呆れ顔で言い放つ。

「あんた、馬鹿なんじゃないの?」

ビルのお義兄様呼べ攻防は、帝都に帰るまで続いたのだ。


 


 一人の賊が犯した大罪によりその子孫達は、もがき苦しみ死んでいった長きに渡るノーザンランド一族の呪いはようやく終焉した。

 傷を負ったダリルにとっては、時は、300年過ぎているのに、たった27年前の出来事。恨みを晴らしたい相手は、存在せず許すしかない状況。リーラは、思う。自分では、決して許せないと。しかし、ダリルの辛い過去の精算は決して間違った選択ではないと思ったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る