幕間

  ****フォールド城****


 フォールド領内。高台にある灰色の石造り荘厳なフォールド城。1人の男性が目を閉じベッドで横になっている。ふと、男は異変に気づく。


「あっ、なんだこれは。

 体から何が出ていく…

 身体が軽い…

 もしかして、呪いが解けたか…」


誰かがら寝所にやって来る。

 

「あなた、御加減いかが?

 あら…

 あなた瞳の色が以前のように灰色に戻っていますわ…どうして…」






  ****とある島の泉****



奥深い森の中。神聖な泉から水がゆっくり溢れだし水が下へ下へ白い棚田のようなものに伝い落ちていく。その周りには光輝く何かが多数楽しそうに飛んでいる。

白い薄手の衣を羽織った銀髪で紺碧色の瞳を持つ男性が呟く。


「……断ち切ったか…」


1人の女性が現れる。

「どうかされましたか?」


「いや、何もないよ。」

男性は女性の肩を抱き歩き始める。






****とある神殿****



真っ白な神殿。

何ない。

ただ白い玉座だけ。

1人の白衣をまとう者が目を閉じて座っている。


そして目開く。


「力が動いた……」


くすりと笑い立ち上がり力が動いたであろう方向をみる。


「ノーザンランドか…」

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る