第7話 昔の母

「起きて、休憩よ。」

ベラが起こしてくれた。

「う、うん、ありがとう。」

結構寝ていたかもしれない。頭がすっきりした。

僕は、馬車を降りてうーんと背伸びして、すぐに王女の馬車に並ぶ。


再び藍色短髪の騎士の男性がやってきて、ローズをエスコートして建物の中に入って行くのを確認して、チリルさんが、

「ここでお昼よ。簡単な食事がもらえるから行くわよ。食事を取ったらすぐ出発よ。」



案内された場所は、ノーザンランドの騎士達も食事を取っていた。


「無事戻れて良かったなぁ〜。」

何人かの騎士達に1人の騎士が肩をバシバシ叩かれている。よく見るとリヴァリオン国にいた騎士なんじゃないか??今気づいた!

「いやぁ、いつゾーンが来るかと思うと結構スリルありましたよ〜」

「帰ったら休暇!休暇。」

と喜びあっていた。ノーザンランドの密偵だったのか…さすがでかい国だけある。僕は、騎士の姿を見てカッコいい!と思った。



僕は、食事を終えて、すぐに馬車に戻った。何人かの騎士はすでに待機していた。皆黒服の立襟を開き、白シャツを見せているアクセントのある金色のボタンは、獅子のデザインだ。袖に金色の線が1本の人、3本の人、色々いる。

僕がジーッと見ていると


「坊や、どうしたのかな?」


横を見ると騎士が立っていた。

黒色のリボンで長いオレンジ色の髪をを後ろに高く縛り、目は、キリリとし細く、瞳は、琥珀色で顔立ちが綺麗な人が顔の近くに来たからびっくりした。

「女性騎士…」


「ふふ。女性が騎士してたら変?」

「い、いえ、綺麗でカッコよくて見惚れてました。」

「あら〜っ。小さな子なのに、私を口説くなんて、将来有望ね。」

「えー、隊長を口説いたの?ありえねぇー、

ぐはっ!隊長!蹴りいれるなんでひどい!」

「はぁ〜、誰がありえないって言った〜もう一発いれるぞ!」

「はっ、申し訳ありません!」

「カッコいい〜」

「「どこが?!」」

周りにいた若い騎士達がツッコミをいれる。

「あ〜なんて見所ある少年!

手を見せてごらん。」

僕の手を見た隊長さんは、

「頑張ってるのね、名前は?」

「えっ…ロン…です。」

ー偽名を名乗らないといけないよね。

「ふふふ。私、キャサリン。騎士学校募集してるから挑戦しなさいな。難民枠あるから有利よ。じゃあね。」

キャサリン隊長は、僕の頬にキスをして去って行った。

僕は、真っ赤になってしまった。


「うわー。下僕枠決定だね。」

「下僕って何?」

「ばか!でかい声だすなよ!聞こえたら蹴りいれられるだろうが!

おじさんは、ネイルと言います。騎士なりたいの??」

「うん!!」

「まぁ、なるなら頑張れよ。めちゃくちゃしんどいけど…」

ネイルさん目が死んでるよ〜


「出発ー。」

号令がかけられて、僕は、失礼しますと頭を下げ急いで馬車に乗る。


「早く戻らず、すみません。」

「いいのよ、騎士様達と仲良くなったわね。朝は、よく寝てたから出来なかったけど、みんなの自己紹介しておくわね。私は、チリルよ。娘のベラ。ベラとは、知り合いかしら?」

「はい、町の駄菓子屋さんでよく会ってました。」

「そうなの〜。私は、姫様付きの侍女で、もう1人は、ジャスミンと言うの。今ジャスミンは、姫様に付いてるわ。ジャスミンの娘のケイトとケリーよ。ジャスミンと私の夫は、騎士でね。馬車の御者の横に座っているわ。」

「僕、ラリーだけど、ロンと名乗れと言われてます。よろしくお願いします。」

「「「よろしくね。」」」

「名前、ロンで通した方がいいわ。

みんなも呼び方気をつけてね。」

「みなさんは、偽名では、ないのですか?」

「そうよ。でも、あなたは、駄目よ。

私ね、あなたのお母さんの友達だったのよ、歳が離れてたから妹みたいなものかなぁ。」

「えっ!」

「だからあなたの本当の名前も知ってるわ。」

「そうなんですか…」

「そうね、バーバラとは、よく遊んだわ。お花の冠とか作るのがうまいのよ。刺繍もね、なかなかいい腕持ってだなぁー。あとね、私の作る焼き菓子が好きで、作り方も教えてあげたわよ。

 確か、私が15歳、バーバラが12歳ぐらいの時だったかしらバーバラの家に居候の騎士さんが来てね、金色の髪ふさふさで獅子みたいな男前よ〜、バーバラと私の初恋よ。

恋話で盛り上がったわ〜」

「お母様、お父様が聞いたら泣くわよ。」ベラが呆れている。

「あらっ。ごめんなさい。

騎士さんが居なくなって、デビュタント迎える前に側室に召されてしまって。だからバーバラとゆっくり話す事も出来ずに別れてしまって…

あなた…バーバラにそっくりね…

ごめんなさいね、気にはかけてだけど自分の生活もあって忙しくてね。

 こんな事話してはいけないけど、あなたは、あの騎士さんとの子じゃないかとも話してたのよ。あっ、ごめんなさい。」

「いえ、正直あの方が本当の父とは、思いたくありません。その騎士さんは、今どこに?名前は?」

「今は、どこにいるかは知らないわ。

騎士生活が合わないとか話してたらしいわ。名前…うーん、思い出せない。

…あっ、ダリルさん!ダリルさんよ。」

「ダリル…」



窓を見ていたベルが声を上げた。

「見て。見て!遠くに建物が沢山見えて来た。」

窓を見ると山の麓に沢山の建物があるのが見えてきた。

「あれが帝都じゃない?ここは、高度が高いから見下ろす様に見えるのよ。でもまだまだよ。今はまだマウンテンプレイス領内よ。まだかかると聞いたわ。」


窓の景色をベラと見ていたら、

「母様が無神経な話してごめんね、話長いでしょう。しゃべりだしたら止まらないのよ。」

「大丈夫。面白い話聞けたから。」

チリルさん、他の子達を見るとみなさん寝ているようだ。疲れているんだろ。


ダリルさんか…どんな人だったんだろうな…僕も思いながら眠気に勝てず目を閉じた。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る