紙のない世界の作家さん

作者 江沼ラムネ

書く読むことの幸せ

  • ★★★ Excellent!!!

本作は一度滅びを迎えた世界を舞台として、概念そのものが失われた紙と本の文化を再興しようと奮闘する主人公と妖精の物語です。
駄洒落好きな妖精とのやり取りなどコミカルなシーンもありますが、全体的には流麗で丁寧な文章で綴られており、厳かな雰囲気すら漂ってくる作品です。
また、普段はあまり意識することはありませんが、作品を書き、そして読めることの幸せ、またカクヨムというプラットフォームの有り難みをあらためて感じられるかも知れません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

アクリル板さんの他のおすすめレビュー 176