心意と魔法の旅々

作者 一片

22

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

第三話までを読み終えての感想・レビューです!

カクヨムにファンタジー創作は数あれど、しっかりとその世界観を構築できていると言えるものは何割ほどでしょうか?

「ゴリゴリのハイファンタジーを探し求めの皆様、お待たせ致しました」
そう言わんばかりの、しっかりと創り込まれた物語の世界へと、冒頭から誘われます。

あらゆる言葉を駆使して紡がれるストーリーは、一貫して硬質であり、軽いノリのコメディやネタで逃げない姿勢にとても好感を持ちました。(^^)


★こんな人におすすめ★

・世界観が創り込まれたハイファンタジーが読みたい!
・セリフだらけで埋めるんじゃなく、地の文でいかに魅せるかが小説ってもんじゃない?
・じっくり、丁寧に小説を堪能したい気分。


□良かった点
まずは、ファンタジーや架空の世界を舞台とする作品において、必須条件となる『世界観の構築』、これが第一話でしっかりと成されている所が良かったです。
特に、魔法って結構何でも有りになりがちですが、「魔法にもきちんと制約だったり注意すべき点があるよ」というのを、しっかりと説明している点が素晴らしい。ぐっと、世界観に深みが増したかと思います。

また、若干十二歳の少女と、彼女と一緒に暮らす孤児院の子供たちがメインキャラクターですが、その年頃の前向きさや無謀さ、また現実に直面した時に怖気付いてしまって、そこで初めて自分には覚悟が足りなかったことを知る…といった、リアルな感情表現も、本作への没入感や臨場感を高めています。

そして何より、独特の言葉回しがカッコいい!やっぱり硬派な小説には、語彙力が必要になってきますね。(^^)
作品の雰囲気を、地の文の表現一つ一つから丁寧に作り上げていこうという、作者様の熱い思いが伝わってくるようでした。


■気になった点
作者様の特徴は、やはりその語彙を駆使した独特かつ硬質な文体にあるか… 続きを読む

★★ Very Good!!

辛い過去を背負う主人公。
優しい彼女はその過去故に自分自身の存在すら許せず、生きてきた。
そんな彼女が、仲間の笑顔と命を守るために戦う様は、悲しくも力強い。

まだ最後まで読んでいないですが、彼女が自分自身を赦せる日が来るのか、また、心の底から笑える日が来るのか、楽しみにしながら読み進めたいと思います。