遮断機の鳴るあいだ

作者 早瀬翠風

本当の幸せは身近にあるものなのかもしれない

  • ★★★ Excellent!!!

主人公には憧れの人がいて、電車で通学途中、彼の姿が見られたらほんわか嬉しい気持ちになってました。

ところが彼は……。

失恋した主人公を気遣ったのは幼馴染みの男子洸太くんでした。

洸太君の告白シーン、とても可愛くて好きです!

恋の幸せは案外身近なところにあるのかもしれません。

可愛いお話でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

天音 花香さんの他のおすすめレビュー 209