遮断機の鳴るあいだ

作者 早瀬翠風

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公には憧れの人がいて、電車で通学途中、彼の姿が見られたらほんわか嬉しい気持ちになってました。

ところが彼は……。

失恋した主人公を気遣ったのは幼馴染みの男子洸太くんでした。

洸太君の告白シーン、とても可愛くて好きです!

恋の幸せは案外身近なところにあるのかもしれません。

可愛いお話でした。

★★★ Excellent!!!

本作は、ダイヤモンドクロスと言う場で人の想いが交差する青春の一頁です。

いつも誰かを見ている誰かと、いつも誰かを見ている誰かがいます。

それぞれが、どきどきしたり、嬉しくなったりして、ああ、アオハルだなと直球で感じます。

私の好きな表現は、「嬉しくなる」です。

心がほかほかして、とても素直で共感できました。

素敵なアオハルに出逢いたいあなたに。

やさしい文体で書かれております。

是非、ご一読ください。