第7話 ただ妹が思うだけの話

 最近お兄が元気だ。

 この前までは暗い顔でため息ばっか吐いてたのに。

 今もほら。

 何もしてないのにニコニコしながらソファーに座ってる。

 その顔をジッと見つめているとお兄がこちらに気づいた。

「どうかした?」

「え、いや何でもない」

「そういえばさ、心春聞いてくれよー」

 また始まった、今日の部活での出来事発表会。

 煩いけど楽しそうに話すから無視できないんだよね。

「でさ、その時凛がなんて言ったと思う?」

 お兄の無邪気な笑顔が好き。

 高校生になったのに笑い方は全然変わってない。

「え、無視されたー!ぴえん超えてぱおん」

 表情がころころ変わるところが好き。

「別に無視してないしー」

 

 部活動頑張ってね。

 あと、これからもよろしくね、お兄。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

ようこそ!青春ラブコメ部(仮)へ!! あめ³ @yozorakirei

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ