ジュニアAI選手権へようこそ!

作者 成井露丸

できることは、必ずある。子供たちに読んでほしい物語

  • ★★★ Excellent!!!

主人公の飛鳥が、ミステリー研究会の廃部により、新しい部活に所属せざるをえなくなり、とあるきっかけで知識ゼロのAI研究部に入ることに!
AIだとかロボット工学だとか、どう考えても知識ゼロの人には縁遠いというか、見ていて「すごいな~」くらいで終わっちゃうと思いませんか?
プログラミングにPC言語……もう何あの呪文!って感じの人も多いと思います。
主人公、飛鳥も、こんな状態からの転部…
でも彼女は、周囲に支えながらも、それでも自分がその場所でできることを見出していきます。
『今いる場所で自分なりのベストを尽くす』これって、大人になって社会に出た時、すごく大事なことだと思うんです。
誰かと同じになろうとするんじゃなくて、自分が持てるスキルで、自分らしさをフル活用して、何ができるのか。
とても大切なことだと思います。
飛鳥の成長と、AI研究部の活躍、そして個性豊かなキャラクターたちの楽しいやりとり……コメディの中に散りばめられた、眩しい青春を、あなたも読んでみませんか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

祥之瑠于さんの他のおすすめレビュー 117