第1話 - 通学路 -

「ひらひらしていて嫌ね。忍装束が恋しいわ」


 寮から出ると、並木道を一直線だ。学院までは700メートルと資料に書いてあった。登校はほぼ人がおらず、閑散かんさんとしていた。この道は寮生しか使わないのだろう。


 ここノヴァルティアの中心ともいえる区域、城壁内の敷地は、基本的に平地だが木々で緑が多い場所だ。六芒の形をしており、中央に城や行政の中枢施設が存在する。その周囲を学校などの機関が囲む。


 そこから外に向かって放散していき、中央に勤めたり通ったりする者の居住区が点在していく。途中に買い物をが出来る施設も点在するが、巨大なモールのようなものはない。外敵からの侵攻に非常に強い作りとなっている。六芒の城壁から外へ出ると、城下町となっている。


しばらく徒歩を進めるとなにやら前方が騒がしい。


「 ? 争いの感じがする」


 そのまま近づくと、男女3名ほどと、なぜかオークが少女を攻撃していた。

手前で怯える女性に話しかけ状況を聞いてみる。


「あ、あの男子が、早朝から召喚しょうかんの練習をしてたらしいんです、

 そしたら急にあの子を襲いだして……!」


出勤中だが通れなくなってしまったようだ。路地は幅5メートルほどと広くはない。女性は一般の事務職員で戦えないという。少女は魔導士系の術士なのか、魔法の防御障壁を展開し、オークの攻撃を目を瞑りながら防いでいる。しかし障壁が弱々しく、いまにも打開されそうだ。


 ガンッ! ガンッ!


オークの両手の攻撃が単調に繰り出されている。


「くそっ! 止まってくれ!」


 男子がコントロールするが制御を失っているようだ。

どうする?


1.スルーし学院へ行く

2.少女を救出する

3.オークを倒す

4.術者を倒す



――当然1ね。介入するメリットがない。

 あの娘も逃げればいいのに。オークなど足も遅い。

 それとも手伝いを買って出た手前、引けなくなったのかしら?


「じゃ、そういうことで」


そのまま横を通りすぎようとする、が、

チラっと視界に少女が入る。


――え? あの娘は、たしか……


 前日、説明日に隣の席だった娘だ。間違いない。想像してみる。このままこの娘が死んでしまった場合、初日から隣の席に”花瓶”が置かれることになる。


 いや、それだけならまだいい。運が悪いと、

隣の席のカズハが成り行きで『お花係』に任命される可能性がある。


――それは避けたいわね。

 というわけで、術者を殺りましょう。この手の基本だわ。


「そう。私こそが、変幻自在」


昨日改造しておいたワンピースからクナイを取り出す。


――と、おもったけれど、あの男子も同じクラスの可能性もある。

 殺ると花瓶一つ進呈には変わりないわね。


仕方なくオークを狙おうとしたときだった。


「きゃあっ!」


少女の魔法障壁がついに決壊した。再び大振りの腕が襲う。


「危ない! 走ってにげろ!」


 男子が叫ぶがもう間に合わない。すかさず煙玉けむりだまを取り出し、

オークと少女の間隙の地面にぶつける。


 ボンッ!


少女、オークともに驚いて顔を腕で覆う。視界が奪われる。


――ありきたりな反応ありがとう。


一足飛びでオークの後ろに飛び込む。

背後を取った。そしてクナイで首を突く。


 プシュッ


「ガアアアア!」


 ズシンとオークが倒れた。召喚の効果が切れ、消失する。返り血で服を汚さないように刺す向きも調整した。煙が晴れはじめ、視界が良くなる。


 男子と少女が駆け寄り、ペコペコと礼を述べていた。じきに男子は時間が無いのか、しつこいくらい礼を言って走り去っていった。


「あの、ほんとうにありがとうございました。

 えと、私はマーヤ=アンデルといいます、

 昨日、隣の席でしたよね? マーヤと呼んでください」


 ミディアムカットの深い茶髪で大人しそうな娘だった。158センチのカズハよりやや小さいくらいだ。見た目もかわいく気立ても良さそうだ。


 聞くに、敗戦で従属したビルメン出身の一般学生のようだ。多少の魔法の素養があったので、養成コースに進学したらしい。敗戦国からの一般生輩出、立場はカズハに近そうだ。


「カズハ=シラユキよ。カズハでいいわ。

 お互い、いい淑女を目指しましょう」


特に思ってもいないことを適当に言う。


「うぅ、キレイな上にお強いんですね、うらやましいです」


「ふふっ ちょっと魔法が得意なだけよ」


「えと、刺しましたよね? クナイに血が付いてましたけど」


「……」


 2人でプロフィールを交換しながら登校すると、じきに人が多くなり始める。学院入口前はごった返していた。席順が張られているようだ。マーヤは事故を報告したいと、先に職員室に向かって行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る