第18話 - ミッション2 -

『だれかが魔力を当てている……!』


『えっ?』


 貨物車全体に魔法が照射されてるのを感知した。おそらく材木を識別している。魔導貨物車が停止した。じきに外で声が聞こえだした。


「おい運転手、下りろ、歩いてそのまま帰れ。でないと殺す」


 なんとか隙間から状況を覗き見る。3人組だ。用心棒と思われる2人、小太りの者がいた。


「くそっ!」


 運転手は魔導車を降り勢いよくドアをバンと閉め、そのままズカズカ歩いて去る。やや大げさだが演技だろう。


「よし、燃やしな」


 小太りの小柄な者が指示を出すのが聞こえた。

マーヤと顔を見合わせ、頷き合ったあと、飛び出した。


「まってください!」


 !


マーヤが出る。


「あん? なんだ嬢ちゃんー?」


「そ、その、シュウって人を引き渡してください!

 そうしたら、見逃してあげます……!」


3人は顔を見合わせる。


「ギャハハハハハ! お嬢ちゃん、面白いねえ。

 さあこっちへおいで、今からもっと面白いことしようかー」


笑いこけるが否定しないところを見ると、シュウとその用心棒で間違いなさそうだ。

確認は取れた。


「じゃ、じゃあ覚悟してください!」


マーヤが駆け出す。が、躓いて転んでしまう。


「ぎゃっ」


「はぁ、ったく。捕えな」


シュウはもはや笑いもやめ、飽きれて指示を出す。


「ヒャホーウ」


指示を受けた用心棒の一人がマーヤへと飛び掛かる。


「まてマイク! 止まれ!」


 !?


瞬間、転んだマーヤが歪に膨らみだす。そして爆発した。


 ボンッ!


 爆風が吹き荒れる。中からカズハが現れる。

マイクと呼ばれた者は間一髪で回避した。同時に放たれたクナイを叩き落す。


 次いで荷台から、本物のマーヤがが現れ、

手をかざし荷台全体に結界を構築した。


「ちっ よく見抜いたわねえ」


「普通深夜の貨物車から小娘が出てくるわけねえだろ。

 てめえ、忍びだな? ナニモンだ?」


相手もどう見ても忍びだ。忍び同士なら名乗ったほうがいい。

名が売れるとそれだけで同業者に優位に立てる。


「私こそが、変幻自在のカズハよ」


「知ってるか?」


「いや」


「……」


 ピッ!


目を配った瞬間の動作で、シュウへ手裏剣を投げる。


「ホワッシュ!」


 カキンッ


簡単に用心棒の忍びに弾き落される。


「シュウの姉御、逃げてくれ! コイツを始末する!」


――女だった!


小太りながらなかなか早いダッシュで逃げだす。しかし。


 バチンッ


 結界に阻まれ、一定以上から出られない。この展開を想定して、昨日マーヤと下見の際に仕込んでおいた。マーヤの結界発動に呼応して、こちらも発動するようにしておいた。


「術者を倒すぞ」


「応ッ!」


「俺たちは、イング兄弟、マイク&ケン!」


「知らないわ。いくわよイ○ポ兄弟」


 一人がカズハへ、もう一人がマーヤへ向かう。

互いの距離は10メートルほど空いている。


「ホーワッシャー!」


 カキンッ


 マーヤへの一撃は結界に阻まれる。マーヤは目を瞑ってしまっているが、易々とは打開できはしない。昨日2人でほとんど魔力を使い切って、この辺り一体の結界の構築をした。2日分の魔力で戦える。


「小娘の結界が硬い! 先に2人でくノ一を狙うぞ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る