第14話 - 依頼 -

 しばらくすると足音が聞こえ、奥の方から出てきた中年の男性が現われた。短髪で茶色のちょびヒゲで堀が深い顔、気難しそうだ。背はさほどないが、がっしり筋肉もついていた。


「なんでえ?」


ボソっと声がかかる。


「あの、すみません、ゴンタさんの紹介できました。

 マーヤといいます。用心棒を探しているのだとか……」


すぐに眉をひそめられる。女学生が2人だ。用心棒とは程遠い。


「ま、紹介なら見た目で判断はしねえ。ちと待ってろ」


説明するものを持ちに行ったようだ。じきに地図を持って戻ってきた。


「依頼は討伐だ。地上げ屋のシュウ。コイツを殺して欲しい。

 報酬は聞いての通り、青の龍の角の結晶。本物だ」


 !


 同時に持参したケースの蓋を開ける。先程見たものと同じ、結晶の現物を見せられる。しかしまさかの殺しの依頼だった。カズハはまったく気に留めないが、マーヤは少したじろぐ。


「このシュウ自体は大したことは無い。だが腕のいい用心棒を2人雇ってる。

 こっちがやっかいだ」


「討伐しないと、ダメなんでしょうか?」


「ああ。なにせ仲間を2人殺されてる。命1つじゃ足らないくらいだ」


一見寡黙な人物だが棟梁ゼブの目には多少の怒りも見える。


「後ろをみてくれ」


 材木の山があった。このうち、ヒネキの木だけが、圧倒的に不足しているという。理由は、材木を搬入する業者をこの地上げ屋のシュウが狩っているらしい。


「シュウの目的は木材の相場の価格操作だ。ヒネキを意図的に高騰させ、

 莫大な利益を得ている」


すでに1か月ほど、この状態が続いているという。ヒネキの木が7割も不足しており、棟梁達が作る建造物の予定が4割ほどしか達成されていないようだ。


 国に報告したが、護衛の騎士を派遣してくれるだけ。費用はきっちり請求される上に、相手は狡猾で、騎士が居る日は襲ってこない。怒った棟梁2名が襲撃を掛けたが、返り討ちにあって死亡したようだ。


 ヒネキを中に隠し、周囲を偽装して運んだこともあったが、魔力で識別され、やはり狙われるという。


「どちみちこのままじゃ食い倒れなんだ。いずれ俺もそうなる」


「……」


「引き受けましょう。シュウを暗殺して、終わりよ。簡単だわ」


――!


マーヤが簡単というカズハに驚きの反応をする。


「ほう。べっぴんさんよ、腕は立つとみたが、

 用心棒2人の存在を忘れちゃいないか?」


「別に。スキを見てシュウそのものを殺ればいい」


「ところがだ」


 シュウは非常に用心深く、毎日居場所もねぐらも変えるようだ。まず捕まりはしない。これ以外にも黒い商売に手を染め、多く恨みを買っているためだ。


 搬入の魔導貨物車を囮にして、おびき出して接触しないと、

遭遇はまず無理だという。


「用心棒自体からなんとかしないとダメなわけね。どうするのマーヤ? 

 私は構わないわ。龍を直接狩りにいくより、余程条件はいい」


「……カズハちゃん、お願い、手伝ってくれる?」


「ええ」


 ニコっと笑い合った。久々にマーヤの笑顔が見れたとき、つっかえが取れた。カズハの取った道が間違いでないと、確信した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る