蒼穹の風 ~遥かなる山河に~

作者 三久間 優偉

空に散った英霊たちに捧ぐ

  • ★★★ Excellent!!!

時代は第二次世界大戦末期。
「愛するものと共に生きたい」
そう願いながらも、愛する人を守るため、国を守るため、空へ飛び立った若者たちの壮絶な物語。
 引き込まれるドッグファイト(空中戦)の描写の間にも、死を覚悟したはずなのに、心をよぎる愛する人への想い……その切なさは涙なしには語れない。

作品の完成度はもとより、情景描写や心模様など、巧みな筆遣いは小説を書く者として、とても参考になる作品でもあります。
ゆるい世界に浸っているわたしたちこそ、必見の名作と言えるでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

戦争を忘れてはならない。
そう痛烈に感じさせられました。

当時、私たちと同じように、大切な家族が、恋人が、配偶者がいて、その大切な人を護るために命をかけて戦っていた人がいることを忘れてはならない。… 続きを読む