蒼穹の風 ~遥かなる山河に~

作者 三久間 優偉

今の幸せをかみしめて

  • ★★★ Excellent!!!

この時期はTVなどで当時の特番が放映されますが、戦争の生々しい感じに抵抗があり、どちらかと言うと避けていました。
もちろん戦争は悪いし、二度と起こしてはいけないと思うのですが。

本作は架空の小説という事で戦争の生々しさからは一歩ひいて(でもリアリティあります)、登場人物の気持ちに感情移入しまくり涙腺緩みまくりで読み進められると思います。

何気ない日常がいかに大切か。
無関心は罪かもしれません……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ごーしぱさんの他のおすすめレビュー 262