エピローグ

「これで良いかな……?」


 水色の髪の毛をハーフアップにして整えながら、科乃しなのは髪型や服装をチェックする。正直ファッションセンスに自信が無い彼女だったが、親友の実莉みのりにコーデを手伝って貰い、この服装に決めていた。

「デートならちゃんと勝負下着も選ばないとね!」

 揶揄からかう親友に思わず頬も赤くなってしまうが、残念ながらデートをするような関係ではない。


 ただ傍に居たかっただけ……それだけだった。

大きめのショルダーバッグに、本や夏休みの課題などを詰め込んだ科乃しなのは、フレアスカートの裾を揺らしながら家を飛び出した。

 電車に乗って向かうのは、彼女が毎日通う学校の最寄り駅だ。


 その駅前から5分程歩き、公園通りに面した場所に『その店』はあった。

『GlassWater』とサインが出ているその店は様々な紅茶を楽しめる専門店であり、西洋アンティーク調の調度品で纏められた店内は上品な印象を与え、女性に人気の喫茶店だ。


 中性的で優し気な雰囲気を持つ店主とパリコレでモデルでもしていそうな美人の奥さんの二人がやっているこの店は、いつも繁盛していて満席状態になるのだが、それでもカウンター席だけは客に座らせないようになっている。

 そこは科乃しなのの指定席であり、店主の優希ゆうき科乃しなのは従兄妹にあたるのだ。


 この日彼女は、店があって休業できず法要に参加できなかった優希とその妻さやかの為に、本家から預かった品物を届けに来ていたのだった。


「どうだった、法事は? やっぱりシノちゃんには退屈だっただろ?」


 ベルガモットオイルの香りが漂うアールグレイのアイスティーを科乃しなのの前にスッと出しながら優希が訊ねた。


「ううん。とても有意義な時間でした」


 科乃しなのは、歳の離れた従兄に輝くような笑顔を見せてスマホの画面を見せた。


「曾お祖父さんと曾お祖母さんは、ラブラブだって事……知ったので……」


 スマホの画面に映っていたのは、彼等の曾祖父と曾祖母が若かりし頃、最上家の裏庭に立つヤマザクラの木の下で並んで立っている写真だった。

 まだお互いに学生だったのか、和人は詰襟の学生服で志乃はセーラー服姿だった。


「この時代にこの写真……話には聞いていたけど、曾お祖母さんは本当にハイカラな人だったんだね」


 スマホに撮影された二人の写真を目にして、優希は目を細める。そして、テーブルを掃除している妻を呼び寄せた。


「へぇー、この志乃さんって人、凄くシノちゃんに似てない? 髪色は別としてね」


 優希の傍らから、ひょいと覗き込んださやかが、志乃と科乃しなのを交互に見比べては、感心したように声を上げた。


「そう言ったら、曾お祖父さんは……」


 優希はひょいと人差し指を上げて、レジを指差して笑う。

 そこには、会計する客に対応する大和の姿があった。大和は優希の店でアルバイトとして働いている。


「パッと見の雰囲気だけで言えば、彼に似てるんじゃないかな?」


 そう言って従妹に笑顔を見せると、科乃しなのの白い顔が一気に赤くなっていく。彼女が大和に恋心を抱いているのは、とっくにさやかには見抜かれていたし、さやかから夫の優希にも伝わっている。


「おーい、大和君! ちょっと来てくれる?」


 レジの操作を終え食器を下げていた大和が、トレイを持ったまま「何でしょうマスター?」と尋ねながらやって来る。そして、そこでようやく科乃しなのの姿を認めた途端、その足がピタリと止まった。


「や、やぁ……科乃しなのちゃん……来てたんだ……」

「う……うん……ユウ兄さんに、届け物で……その……」


 お互いに顔を合わせる事もなく、何となくもじもじしている様子が初々しい。


――アオハルかよ……


 優希は苦笑すると、助け船を出すように科乃しなののスマホを大和に向けた。


「これ、俺とシノちゃんの御先祖様……曾お祖父ちゃんと曾お祖母ちゃんだ。どうだい、シノちゃんによく似ているだろう?」


 画面を覗き込んだ大和は、先程さやかがそうしたように、何度も何度も志乃と科乃を見比べている。


「……この人が、科乃しなのちゃんの曾お祖母さん……?  めっちゃ似てる……」


 大和の青空のような瞳が何度も、何度もやって来て科乃しなのの顔はどんどん赤みを増していく。


「恥ずかしいから……そんなに見ないで……」

「ご、ごめん」


 急に恥ずかしさが込み上げてきて再びもじもじし始める二人を見て、さやかがニヤリと笑った。


「じゃあ、シノちゃんも写真撮っておこうか! 大和君、一緒に入りなさい」

「い、いや、俺は……その……」

「男でしょ!?  四の五の言わない!!」


 驚愕して手を振る大和の首根っこを掴み上げると、さやかは問答無用とばかりに科乃しなのの横に連れてきた。


「さぁ、撮るわよ! 二人とも表情硬い!  それからもっと近寄って!」


 こういう時、さやかの押しの強さを科乃しなのは羨ましいと思う。優希の事を射止めたのも、さやかのグイグイ行く押しの強さだと聞いている。


 初めて会った時から憧れていた。

 図書室でその姿を頻繁に見るようになってからというもの、少しずつ意識するようになっていった。

 同じ本を愛する者としての連帯感だったのかもしれない。しかし今、胸の鼓動が大きく高鳴るのを科乃しなのは自覚していた。


 こんな気持ちになるなんて思いもしなかった。

 好きという気持ちは、もう止めることは出来ない。お互いに惹かれあって夫婦となりながら、一緒に生きていくことを阻まれた和人と志乃の事を思えば、自分はどれだけ恵まれた状況にいることか!

 科乃しなのはそう自分を奮い立たせ、大和の傍に近づいた。


 カシャ!というシャッター音とともに、困ったような照れているような表情をしている大和と、心の底から嬉しそうな表情をしている科乃しなのの姿がスマホのメモリーに刻み込まれていく。

 その様子を呆然と眺めている大和がいる。呼び掛けに応じないその肩をポンと叩いて科乃しなのが声を掛けると、大和はハッとなって言葉を返した。


「ああ、ごめん……ぼんやりしてた……」

「もう……大和君って本当に気の抜けている時はうっかりのんびり屋さんなんだから…………見ていられないわ」

「……ご、ごめん……」


 申し訳なさそうに頭を掻く仕草も似合っていて素敵に見える。科乃しなのは思わずフフッと笑ってしまった。


「どうかした? 俺の顔に何か……?」


 笑顔の意味が判らず怪訝そうにする仕草もまた愛しい……


「う、ううん……何でもないわ……何でも……」


 自分の気持ちが見透かされるような感覚に陥り、科乃しなのは彼から視線を逸らして窓の外を眺めた。8月特有の青い空と沸き立つような入道雲が彼方の空に広がっていて、その眩さに目を細め、右手を庇のように翳してみる。


 そんな科乃しなのの姿が眩しくて、大和は思わず見惚れてしまう。その時、科乃しなのの瞳が彼を捉え、思い出したように口を開いた。


「大和君、夏休みの宿題……ちゃんとやってるの?」

「う、うん。まぁ……ぼちぼち……かな?」


 アルバイトの休憩時間に、夏休みの宿題をやっている事は知っている。この店の上は優希とさやかの居住スペースであり、その一つ上の階に大和は下宿しており、航空学校に進学するために彼はいくつかのアルバイトを掛け持ちしている。


「たぶんそうじゃないかと思って、わたしも数学の課題持ってきたの……一緒に此処でやりましょう?」


 科乃しなのの言葉に、大和の顔が一気に明るくなる。


「助かるよ科乃しなのちゃん、ちょっと上から持って来るから待ってて!」


 そう言って、嬉々として店を飛び出す大和を見て、科乃しなのはクスッと笑っている。

 それは何の変哲もない、ありふれた当たり前の一日の出来事かもしれない。

 でも、それがとてつもなく有り難いものだと言うことを、科乃しなのは曾祖母志乃から教わった。大好きな人とほんの僅かしか過ごすことが出来なかった志乃だが、それでも娘を育て、孫が生まれ、さらに自分が生まれた事を心から喜んでいたそうだ。

 和人に誓った通り、亡くなるまでずっと笑顔を絶やさなかったその人生を、科乃しなのは僅かばかりだが垣間見ることが出来た。


「……わたしは……幸せですよ」


 見上げて呟いた先に広がる空は、どこまでも青く澄み渡っていた。




                        Fin



――――――――――――――――――――――――――――――――――


<後書き>


 初めまして。

 三久間 優偉みくま ゆいと申します。

 カクヨムに数多ある魅力的な作品群の中から、当作品のような重いテーマの小説を選んで頂いてありがとうございます。

 当作品は、太平洋戦争を舞台とした物語で、二度と戦争を繰り返してはならないという願いから執筆した作品です。

 もちろんこの作品そのものは、フィクションでありますので、登場する人間は全て架空のものであります。


 いわゆる『神風特別攻撃隊』による体当たり攻撃は、『戦史叢書』によれば、昭和19年10月から敗戦までに直援機を含め2,483機の出撃、損害を与えた艦船358隻、作戦命中率16.5%となっています。単なる統計上の話ならば、そんな『非効率的で馬鹿げた作戦を実行する事』はないでしょう。

 しかし同時期の通常攻撃による戦果は、この特別攻撃の命中率よりも低い状態であり、無為に兵力を消耗するならば……という考えが当時の上層部にあった事は想像に難くありません。

 用兵と言うのは、勝つために如何に効率よく兵を死なせるかという事に通じるからです。そのような理論が、数十年前まであった事が恐ろしい事ではありますが、残念な事に世界中の軍隊では、常にその研究を行っている事には間違いありません。


 1999年に作成されたアメリカ空軍報告書『PRECISION WEAPONS, POWER PROJECTION, AND THE REVOLUTION IN MILITARY AFFAIRS』において、特攻機は現在の『対艦ミサイル』に匹敵する誘導兵器と見なされて、当時の連合軍艦船の最悪の脅威であったと指摘されていますし、比較的少数でありながら、連合軍の作戦に重大な変更を強いて、実際の戦力以上に戦況に影響を与える潜在能力を有していたとも評価しています。

 実際、特攻による人的被害は甚大で、艦船で火災や爆発が発生したら逃げ場はありませんから、連合軍全体では、戦死者12,260名・負傷者33,769名に達したという統計もあり、日本側が特攻兵器に費やした人員よりも米軍側の損害が大きかった可能性があります。


 とは言え、この作品を右傾軍国主義者のように特攻を美化するつもりも「国のためではなく愛する者のため」と、耳あたりのいい価値観で隊員達の精神性を一括りにするつもりもありません。


 淡々と、その時代に生きた人々がどんな思いでいたのかを架空人物になぞらえて書いた物語です。

 もちろん私自身戦争体験などありません。ただ、他界した親族からの話や元特攻隊員だった方々の戦争体験から本作が出来上がったのは間違いありません。

『特攻が嫌だと思う人間は一人もいない』という元隊員もいれば『誰だって死ぬのは嫌だ』という元隊員もいました。


 このように人それぞれ、置かれた状況も違えば、感じ方、捉え方も全然違う。現代社会を生きている私達にしてみれば当たり前の事ですが、戦争という『生存本能』と『使命感』の狭間、人の生死の極限状態であり、当事者の数だけ異なった捉え方があるのは当然だと思います。


 一人一人の心の内にも、その時その時で、様々な感情が去来することを思えば、特攻という攻撃に直面した隊員達のどの言葉にも嘘はないと思うし、逆にそれが全てでは無いとも思います。


 一つ言えるとすれば、あの時代を精一杯生きていたという事だけです。それは誰にも否定する事はできません。


 最後までお付き合い頂けた方には感謝の言葉しかございません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

蒼穹の風 ~遥かなる山河に~ 三久間 優偉 @s_sylph

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画