第4話 帰郷

「変わってないな」

 昭和20年4月、故郷の駅舎に降り立った和人の、それが第一声だった。

 伊予の片田舎。

 町の名物でもある桜の花が見事に咲き渡り、駅舎を桜色に染めており、その柔らかな春の風に混じって、花弁が和人に降り注いでくる。


 思えば2年と数カ月前に、この駅から旅立ったのだ。駅舎を見つめてそんな感慨に耽る和人だった。

 和人がその身に纏っているのは海軍の制服、制帽。南洋のテニアンやパラオと各地を転戦し、階級も大尉だいいになっており、第319戦闘航空隊の分隊長になっていた。


「……行くか」

 和人は駅舎を後にして、ゆっくりと歩き出した。

 桜は、どこまでも咲いている。

 まるで隧道トンネルを思わせる桜並木の中、花弁で覆われた地面を一歩一歩、その感触を確かめるかのように踏みしめながら、和人は歩いた。


 突然決まった帰郷だから、家には連絡していない。

 母も妹も、そして妻である志乃も、突然和人が帰ったら心底驚くことだろう。和人は皆が驚く様を想像して微笑んだ。

「志乃……」

 門を潜り我が家に辿り着いた和人は想い人の名前を呟く。和人の幼馴染みである最愛の妻の名前を。


 まさにその時、和人の足は急に止まった。

 これは偶然なのか、それとも運命なのか。彼は目を疑った。

 見慣れた場所までやって来た時、和人は最も会いたかった恋女房が、この辺りで一番大きなヤマザクラの木の下にいるのを見た。

 それは、桜の妖精のように可憐で、色白の顔と夕陽のような赤味がかった黒髪との、色の対比が鮮やかだった。

 髪を春の風になびかせながら志乃は桜の木に額をつけるようにして、視線を木の根元に落としていた。

 だが、まさかこんなにも早く再会できるとは思ってもいなかった。会いたくて、抱きしめたくてたまらなかった妻が今、目の前にいる。


 彼は志乃に向けて、一歩足を踏み出した。もはや何も聞こえない、志乃以外に何も見えていない。

 それなのに、彼は言葉を発することが出来なかった。まるで言葉を出したら志乃は消えてしまうのじゃないか、そんな恐怖に囚われて、和人は志乃に呼びかけることが出来なかった。

 もどかしそうに心の中で、和人は何度も愛する妻の名前を呼ぶ。


――志乃、志乃、志乃、志乃、志乃……!!


「志乃っ!!」と、ようやく声が出た。

 和人のその心からの叫びに、彼女は振り返る。そして、その目が驚きで大きく見開かれた。和人の大好きな志乃の瞳。和人はもう一度呼びかけた。

「志乃!」

「和人……さん……?」

 震える声で彼女は呟く。信じられない、そんな想いが志乃の顔一杯に表れていた。

「ただいま、志乃!」

 和人は志乃に微笑みかける。だが、志乃は呆然とした表情のまま、その場に立ち尽くすだけだった。


「え……だって和人さん、帰るなんて一言も……どうして? 嘘……」

「ごめん、連絡が遅れて」

 和人は歩み寄って志乃の前に立ち、そっと右手でその白い頬に触れる。

「和人……、本当に和人さんなの……?」

 小さな志乃の声だった。

「ああ、俺だよ……志乃」

「あたし、いつもこの木にお願いしてたのよ……和人さんが無事に帰って来られますようにって……」

 和人は口元に優しげな笑みを浮かべ、独り言のように呟く志乃を見つめる。

「そのお願いが……叶ったんだ……」

 つうっと、志乃の瞳から涙が零れ落ちるのを見た瞬間、和人は志乃の身体を固く抱きしめていた。

「ずっと志乃に会いたかった。何度も志乃の夢を見た……!」

 志乃の耳元で、和人は熱っぽく囁く。

「俺は志乃を抱きしめてる……志乃を感じている。これは夢じゃないんだな?」

「和人……さん……和人さん……和人っ……!」

 譫言うわごとのように繰り返し、志乃は和人の胸の中で激しく嗚咽した。


 懐かしい志乃の匂いを感じ、和人は志乃の華奢な身体をより一層の力を入れて抱きしめ続けた。

 ここは我が家の庭だ。誰はばかる事も無いのだ。もう二度と離さない、離したくない、と……

「馬鹿……馬鹿、馬鹿……! 全然手紙くれなくて、いつもいつもあたしを心配させて……! あたしも……和人さんに会いたかった。会いたかったんだからぁ……!」

「ごめん、ごめんね、志乃」

 和人は呟く。そして、こんな言葉が和人の口をついて飛び出していた。

「志乃、俺は君のこと愛しているよ」

「えっ……?」

 少しだけ驚いて、志乃は涙に濡れた顔を上げる。


『愛している』


 海軍に入る前は、恥ずかしくてなかなか言えなかったその言葉を、和人は自然に、そして何の気負いもなく口にしていた。

「……愛してる」

 もう一度和人が言うと、志乃は再び和人の胸に顔を埋めた。

「和人さん……あたしも、愛してるわ……!」

 2人の間にそれ以上言葉はいらなかった。

 和人はゆっくりと志乃の身体を離すと、志乃の唇に、自らのそれを優しく重ね合わせる。口づけを交わす2人に、桜の花弁がひらひらと優しく降り注ぐ。


 和人の優しい口付けを受けたあと、志乃は呟いた。

「……お帰りなさい。あなた……」

「ただいま、志乃」

 和人は優しく、志乃に微笑みかけた。その眼差しに志乃は頬を赤く染めたが、ハッと思い出したように和人から離れた。


「こうしちゃいられないわ! 義母様おかあさまとケイちゃんに知らせなきゃ!」


 パタパタと慌てるように駆けていく後姿を、和人は穏やかな眼差しで見つめていた。


――君はいつまでもそのままでいて欲しい……


 和人の母メイは洗濯物を干している最中だったが、和人の姿を認めた途端、せっかく洗ったばかりの洗濯物も放り出して駆け寄り、和人を抱きしめていた。

「和人……本当に和人なのね!?」

 涙ながらにメイは問いつめる。

「ただいま、母さん」

 和人は母に抱きしめられるままになっていた。

「兄さん!?」

 母が泣く声を聞いて、家の中から妹も飛び出してくる。

 和人の姿を見たとたん、慶子もまた母と同じように和人に抱きついていた。

「カズ兄さん!!」

「俺だよ、慶子……ただいま」

 母と妹の熱烈な出迎えに照れたのか、和人は顔をやや赤くして、それでも笑顔で妹に言う。慶子は和人の手を取って、ぶんぶんと振り回した。

「兄さんだ……! 本当にカズ兄さんだ!!」

「和人……立派になったわね」

 メイは溢れ出る涙を上衣の袖で拭いながら、言った。

「えっ!? カズ兄さん、大尉だいいさんになったんだ!」

 慶子は目ざとく和人の襟章を指摘する。紺色の士官服の襟に輝く階級章は金線1本に桜が3つ。それは紛れもない海軍大尉だいいの証だった。

「うん、いっぱい敵をやっつけて昇進したんだ」

「すごぉい! ねえねえ、今度友だちに自慢してもいい? カズ兄さんが海軍大尉だいいになったって!」

「はは、好きにしたらいい」

 はしゃぐ妹とは対照的に、メイはやや厳しげな表情になる。


 軍人の妻であるメイは知っている。戦争で最も戦死する確率が高いのは、尉官や曹官といった下級指揮官であることを。

 陸軍の幹部候補生制度、海軍の予備学生制度のどちらも、減り続ける下級指揮官の補充の為に設けられていることを。海軍兵学校を出ているからと言って、特権的に後方に回される訳ではないし戦死する確率は一般兵と変わらない。

 そして和人は海軍航空隊の操縦士だ。今年に入ってからは、頻繁にやって来て機銃を撃ちまくる『グラマン』や『P-51』と空戦をするのが任務だ。危険度は更に跳ね上がる。


 そして、和人の口から出てきたのは、メイにとっては決定的な言葉だった。

「でも、今はそんなにゆっくりしていられないんだ……明後日あさっての昼の急行に乗らなきゃならない……」

「…………!?…………」

 その言葉を聞いた瞬間、メイの目の前が真っ暗になる。

 どうしてこの時期になって和人が帰郷したのかを、そしてどうしてそんなに早く帰らなければならないかを、メイは瞬時に理解していた。


 和人には、生還を期することが出来ない出撃がこの先待ち構えているのだと。

 だからこれは、家族に別れを告げるための休暇なのだと。それは、母としての直感だった。


 絶望感で思わずその場に倒れ込んでしまいそうになるのを、メイは必死の思いで押し止める。


――和人はもう、すっかり大人の男になってしまった。

  そんな男が決意したこと。私達には、黙って見送ってやるしか出来ない……


 だからメイの口をついて出たのは、努めて温かい言葉だった。

「とにかく立ち話もなんだから、二人とも、お上がりなさい」

「ありがとうございます、義母様おかあさま……でもあたし、先に家に帰って母に知らせてきます。和人さんが帰って来たって」

「そうね、春子さんも和人のこと、本当の息子のように可愛がってくれていたから……うん、知らせてあげるといいわ。でもまたすぐに戻って来てね。今夜はご馳走を作るから。良かったら春子さんも来てちょうだい」

「はい、じゃ、行って来ます! また後でね、和人さん!」


 和人に向かって手をひらひらと振ると、志乃は最上家の隣にある自分の家に向かって駆け出した。

「何だ、カズ兄さん。もう志乃さんと会っていたのね!? やっぱり先に恋女房に会いたいよね、うんうん」

 慶子は和人に、悪戯っぽく笑いかけると、和人の顔が赤く染まった。

「な、何言ってるんだ、慶子。志乃と会ったのはたまたまだよ、たまたま!」

「そっかな? まぁ、私はどっちでもいいんだけどさ」

「ほらほら、和人も慶子も早く家にお上がりなさい……それから和人。お父さんにもちゃんと挨拶しておくのよ?」

「判っているよ、母さん」

 和人は言って、縁側から家に上がった。

 懐かしい畳の匂いが和人の鼻をくすぐり、和人は思わず表情を綻ばせた。


――帰ってきたのだな……我が家に……


 軍服を着たまま畳の上に大の字になって体を伸ばす。

『零戦』の狭いコックピットの中で、天地がひっくり返るような機動をして、敵機と命のやり取りをする世界に身を置く者として、この静寂な世界は束の間の休息とも言える。

「カズ兄さん。お茶が入ったけどどうする?」

 広間から慶子がひょいと顔を出して訊ねると、和人は体を起こして彼女に応えた。

「うん、ありがとう」

 そう返事をすると、視線を仏壇の間に移して妹に声を掛けた。

「ごめん、慶子。先に父さんに挨拶しておくよ……」

「……うん」

 慶子が別の部屋に行ってしまったのを確認してから、和人は仏壇の間に足を踏み入れ、父親の遺影を前にきちんと正座し帽子をその脇に置いた。

「父さん。ただいま帰りました」

 和人は呟く。

 そしてもう一度周りを見回して誰もいないのを確認してから、思い切ったように言った。

「父さん……今度第731海軍航空隊に転属が決まりました。『天雷部隊』で、主目的は特別攻撃を行う事です……それで今日は家族と訣別する為の休暇です……」

 和人の父、弘道は和人と同じ海軍士官だった。海軍兵学校を卒業した職業軍人で、一年の殆どは船の上という根っからの船乗りだった。


 だから殆どメイが女手一つで、和人と慶子を育てて来た。それだけに和人には、父親の記憶はそれほど多くはないし、寡黙な弘道は、家にいた時でさえも、それほど会話を交わしたことはなかった。

 和人が彼と同じ道に進みたいと言った時も『そうか、しっかりやれ』と頷いただけだった。


 そして3年前、和人が少尉に任官され第38期飛行学生を拝命した直後、父は戦死した。

 乗っていた重巡洋艦『三隈』が、ミッドウェー海戦で米軍の攻撃機の空襲によって撃沈され、弘道は他の乗組員達と一緒に艦と運命を共にしたのだ。

「父さん。父さんの好きだったウヰスキーを持って来ました」

 和人は制服のポケットから、小さなウヰスキーの小瓶を取り出した。

「父さんはよく、これを飲んでいたそうですね?」

 小瓶を開き、仏壇の前に置いてあった湯飲み茶碗にその琥珀色の液体を注ぐ。

「こうして、父さんと2人で酒を酌み交わしたかったです」

 和人はコップを父の遺影に掲げて見せると、ウヰスキーを一口飲み、ふうっと息を吐き出してから、父の遺影に向き直る。


「父さんは俺が特別攻撃に加わる事を怒りますか? それとも褒めてくれますか?」

 再びウヰスキーを口に含み、和人は小さく笑った。

「正直迷いました。いや、本当は今も迷っています。母さん、慶子……みんなを悲しませたくなかったから。でも、もしかしたら母さんは何か勘づいているかもしれません」

 一瞬だけ、和人の表情が苦しげに歪む。

「だからといって、この事は誰にも……母さんにも言いません。普段と変わらない笑顔で、俺はここを出て行くつもりです……だけど、父さんなら判ってくれますよね? 自分の命より尊いもの、命を賭けて護るべきものは必ずあるって事を……」

 訊ねる和人の声は、穏やかなものだった。


「俺にも命を賭けて護りたい人がいます。それは志乃です。志乃を護るためだったら、この命を差し出しても構わない。そう思っています」


 しかし、その穏やかさの中に真摯な感情がこもっていた。やがて和人は軽く笑い、そして用意しておいた白い封筒を父の遺影の後ろに置く。

「俺の髪と爪……入れておきます。では俺は征きます。母さんと慶子のこと、ずっとずっと見守ってあげて下さいね」

 和人は立ち上がり、海軍の将校らしく父の遺影に別れの敬礼を施した。


――――――――――――――――――――――――


筆者解説

当時の日本軍は陸軍が『大尉(たいい)』と呼び、海軍は『大尉(だいい)』と呼んでいました。


以下駄文…執筆中の脱線…

因みに『キャプテン』は米軍だと陸軍は『大尉』ですが、海軍は3階級上の『大佐』になります。船の船長を『キャプテン』と呼びますし…では、陸軍の『大佐』は『カーネル』です。

それでフライドチキンの人形、カーネル・サンダースって、サンダース大佐なんでしょうかね?と思ってググッたら「ケンタッキー・カーネル」という名誉称号(名誉大佐)だそうです。奥が深い…(;'∀')


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る