第3話 海軍少尉 最上和人

 生憎の雨が、駅舎を濡らしている。

 しかし駅舎に集まった人達はそんな雨など全く気にならない様子で、誰もが一様に興奮した表情を浮かべている。

 そして手にした日章旗を振りながら、熱っぽい視線を汽車の昇降口に立つ青年に向けているのだった。

『武運長久』

『七生報国』

 鮮やかに墨書きされた襷を軍服の上からかけた青年は、そんな人々に笑顔で敬礼を返しながら力一杯叫んだ。

「行って参ります!」

「最上和人君、万歳!!」

 国民服の老人が声を張り上げると、期せずして全員がそれに唱和する。

「万歳! 万歳!」

「頑張れ!」

 1943年(昭和18年)2月、飛行学生を卒業し、戦闘機専修として大分海軍航空隊付となった最上和人海軍少尉は、激励してくれる人々に笑顔で敬礼したあと、目の前で涙ぐむ女性に向かって話しかける。

「心配しないで、母さん。俺は大丈夫だから」

「和人……身体にだけは気をつけてね」


 和人の母、メイは溢れ出る涙を流れるままに任せ息子に言った。

「判っているよ」

 少しでも母を安心させてやろうと、和人は穏やかな笑みを浮かべた。

「俺は大丈夫。ちゃんと帰ってるから……慶子、母さんのこと、頼むよ」

「私に任せて、兄さん……頑張って来てね」

 母の隣に立つ妹も、無理に作ったような笑顔で兄に言った。それから慶子は辺りを見回し、その表情を曇らせると小さな声で兄に訊ねる。


「兄さん。志乃さんは……?」

「志乃なら来ないよ」

「どうして!?志乃さんは兄さんのお嫁さんじゃないの!?」


 嫁なら当然見送りに来る筈。慶子は少しだけ非難めいた色をその瞳に浮かべ、兄を詰問する。

「別れが辛くなるからって……志乃らしいよ」

「だけど!」

 そう叫んだきり、黙ってしまう慶子だった。

 慶子は口には出さなかったが、もしかしたら和人はもう二度と故郷に戻って来られない可能性だってあるのだ。


 志乃の気持ちも判るが、それは余りにも兄には酷ではないか?

「……いいんだよ、慶子」

 しかし、和人の口調は、穏やかだった。


 昭和18年2月は、前年よりも厳しい戦局が続いていた。

 アメリカ軍機動部隊が実施した日本軍の拠点トラック島への攻撃、マリアナ諸島空襲で日本の航空部隊は一方的に壊滅的な打撃を受けていた。


 この時代、こうして各地の駅舎で兵士を見送る光景は、もう珍しくなかった。

 とは言え、和人は父の跡を継ぐように海軍兵学校に入り第70期の生徒として入校。卒業後は、少尉候補生となり配属艦として連合艦隊旗艦である戦艦『長門』に乗組んでいた。

 少尉に任官され、所属も軍艦から第38期の飛行学生となり、航空隊の一員となったのは去年の6月の事だ。


『急行列車、間もなく発車、間もなく発車します!』

 機関車の側に立つ駅員が大声で言い放つと、再び「万歳」を叫ぶ声が人々の間から起こった。

「最上和人君! 万歳!!」

「万歳!!」

「しっかりやって来てくれ!」

 そんな人々の感情を薙ぎ払うかのように、黒一色の蒸気機関車は、けたたましい汽笛を長く鳴らしてからゆっくりと動輪を回し始めた。

 和人は笑顔を浮かべ、もう一度詰めかけた人々に向かって敬礼した。今度は無言で。

 もう言葉は、必要なかったから。

「兄さん! 絶対に帰ってきてね!」

 とうとう我慢出来なくなったのか泣き声で叫ぶ妹に暖かく微笑みかけ、和人は右手を下ろした。

「行って来ます……」

 小さくなっていく母や妹たちを見つめ、呟く。そして車内に戻ろうとした時、和人は目にした。

 線路から少し離れた場所に立って、汽車を見つめる若い女性の姿を。全身を雨で濡らしながらも、汽車の和人に向かって手を振っている愛妻の姿を。


 刹那、和人は昇降口から叫んでいた。

「志乃!」

 見送りには来ない、そう言っていたはずなのに。

 しかし今、和人の目に入っているのは幼馴染みであり、新妻でもある最上志乃の姿。

 見間違えようのない夕陽のような色の髪が、降りしきる雨の中で輝いていた。

「和人さん!!」

 志乃は叫ぶが、汽車の轟音でかき消されてしまう。それでも、志乃は力一杯声を張り上げた。

「帰って来なさいよ!帰って来ないと、承知しないんだから!!」

 和人には、志乃の口しか見えない。志乃が何を叫んでいるのか、聞こえない。

 だが、和人は志乃が何と叫んだのか、すぐに理解することが出来た。


『頑張って』

『身体に気をつけて』


 そんなありふれた言葉を、志乃が叫ぶ筈がない。

 恐らく「帰って来ないと許さないから」などと、勝ち気なことを言うに決まっている。だから和人は、志乃に向かって大きく手を振って、大声で叫んだ。

「志乃! 絶対に俺は帰って来るから! 約束するよ!!」

「和人さん!」

 声は聞こえなくても、和人の心は間違いなく志乃に届いた。だから志乃は、もう一度叫んだ。

「和人さん!!」

 汽車が小さくなり和人が見えなくなっても、志乃はずっと叫び続けていた。



□■□■□■



 空戦は、沖永良部島を過ぎたあたりで始まった。

 あっという間に混戦になり、味方機が散り散りになり、列機も付近には見当たらない。とにかく、大きくスローロールをうちながら、半分以上は後ろを見ながらの操縦を強いられる。


 OPL(光像式照準器)に濃紺の翼が煌めくのを見て、和人は発射転把トリガーを引いた。

 オレンジ色の曳光弾が、前方を必死で逃げ惑う敵の戦闘機を捉え、ジュラルミンの外装をズタズタに切り裂いていく。

 やがて尾翼がげ、クルクルと駒のように回転しながら墜落していく敵戦闘機を確認すると、和人はすぐに目標を次に定めていく。

 今、和人の所属する第203海軍航空隊戦闘319飛行隊は、特攻隊の直掩護衛のため、制空権確保に当たっていた。それは、特攻隊の前路哨戒や制空戦闘を実施するためだ。


 彼の愛機は『零式艦上戦闘機』と呼ばれる機体であり、格闘性能は折り紙付きの戦闘機ではあったが、登場から5年余り。対する連合国軍は、この『零戦』に対抗する新型機を続々と投入している。錬度の低い兵でも簡単に操作でき、パイロットの生存性が高い機体は、例え機体がボロボロになっても基地や空母に操縦者を送り返す事が『零戦』よりもできる。

 機体の再装備は可能でも、パイロットの育成には膨大な時間と予算が掛かる事は、和人自身が身を以て知っている。


 そして戦争は、人類が行う事ができる最大の消耗だ。

 言い換えれば経済と経済のぶつかり合いであり、消耗しきった方が負ける。愛機の『零戦』だって、装備している機関砲の弾が無くなればただの飛行機だ。


 そして幾ら威力の大きい20ミリの機関砲を装備していても携行できる弾数は125発と多くはないし、防弾装備も取り付けられていなかったり、運動性が悪くなると言って取り外すパイロットもいるから、そう言った面でも小口径の弾を多数ばら撒ける米軍機の方が圧倒的に有利なのだ。

 『零戦』が良好な旋回性を振るってみても、射点に入る前に銃弾をばら撒かれてしまえば撃つ事はできない。

 そうして多くのパイロットが命を落としていく。


 出撃する度に減っていく同僚達。どんどん増えていく未熟な候補生達。その候補生ですら『特攻』と言う体当たり攻撃で擦り減らせている。

 確かに和人は職業として軍人を選んだ。『死ね』と命令されれば、それに従うのが当たり前な環境にいる。

 だが、候補生として今いる者の大半は学生なのだ。予科士官として従軍している。フラフラと頼りなく空を飛ぶ予科士官の機体を見る度に和人の心は締め付けられる思いで一杯だった。


 彼等の機体には250kgの爆弾が取り付けられており、迫り来る連合軍の艦艇に体当たり攻撃を仕掛けるのだ。

 戦局が最悪になり、特攻が常態化してからは隊員の選抜方法も「志願する者は司令室に紙を置け」というものから「志願しない者は一歩前に出ろ」などという方法がまかり通るようになり、そしてついには、志願の手順もなく特攻専門の航空隊が編成された。


 特攻隊は志願か否か、突き詰めることに意味はないのだろう。

 仮に志願だとしても、積極的志願にせよ消極的志願にせよ、環境による事実上の強制による志願か、やぶれかぶれの志願か、志願して後悔したのか……

 彼等の本心は、当事者自身にしかわからないし、現に「命令」で選ばれたことが確実な事だってある。

 実際、和人が護衛している特攻機に搭乗しているパイロットは、離陸してから今迄ずっと、涙でくしゃくしゃになっているではないか。


 突入対象となる艦船が見当たらなければ、特攻機といえども引き返す。それで何度も出撃しては引き返すというパイロットもいれば、最初の出撃で突入前に敵機の攻撃を受け、無為にその命を散らす者もいる。それは特別攻撃だろうと通常攻撃だろうと一緒なのだ。


 それでも和人は思う。

 死んでしまったらそれで終わりだと……戦闘機乗りはどこまでも戦い抜き、敵を1機でも多く叩き落としていくのが任務である筈だ。一度きりの体当たりで死ぬ訳にはいかない……と。

 そう思った瞬間、雲海の向こうに大編隊が見えた。


 群青色の機体……無駄に大きくずんぐりむっくりの胴体は、アメリカ陸軍機の物ではない。明らかに空母から発進した艦載機だ。

「グラマンか……」

 グラマンF6Fヘルキャット……大出力のエンジンと頑丈な機体設計だけが特徴であり、それ以外に特筆すべき性能は何処にもない。それでも操作性・整備のし易さで、太平洋上のありとあらゆる戦場に姿を見せ、日本軍機を撃ち落としていく。こちらの機関砲を命中させたとしても、すぐには落ちない頑丈タフな機体だ。

「いくら何でも、これはしんどいな……」

 そうは口にしたものの、自分の任務は特攻隊の護衛である。自らを盾にしてまでも、敵から攻撃隊を守らなければならない。


 こうして和人は敵機の中へと斬り込んでいった。

 操縦桿を倒し、フットバーを蹴飛ばし、スロットルを操作すると天地が目まぐるしく回転する。彼の『零戦』は、和人の動きに追随しながら挙動を変え、強力なグラマンに挑みかかる。

 敵機の主翼前縁いっぱいに12.7ミリ機銃6挺の閃光が走ったかと思うと、翼の下に機銃弾の薬莢が、まるですだれのようにザーッと落ちるのが見える。

 再びフットバーを蹴飛ばし、フットバーとは逆方向に操縦桿を倒し、機体を急激に滑らせて敵弾をかわす。横滑りのG(重力)で、体が操縦席の片側に叩きつけられるが、そうしないと命がない。

 空中戦ドッグファイトは、命を賭けた殴り合いの喧嘩なのだ。


ダッダッダッダッダッ!


 両翼から発せられる20ミリ機関砲が放つ火箭が、F6Fの機体を穿ち、バランスを崩した敵機は見る見るうちに高度を落としていく。


――1機撃墜……次は?


 が、次の瞬間、愕然となる。味方で満足に空中機動している機体は圧倒的に少なく、乱舞しているのは米軍機ばかりだ。

 その内の数機が和人機を発見し、一気に彼我の距離を縮めてくる。

「ちっ!」

 和人は小さく舌打ちして、新手に向かっていく。


――キリがない……


 落としても落としても雲霞うんかのように現れる敵機を見て、和人は一瞬呆けてしまった。


――いったい俺は何をやっている?


 そう思った瞬間、彼の目の前を日の丸を付けた機体が飛び去って行った。

 『零戦』より大型のフォルムと圧倒的なスピードを持つ機体は、局地戦闘機『紫電』21型……通称『紫電改』だ。その登場により、和人は意識を現実に引き戻していく。

「『紫電改』……343空か!?」

 操縦技量・空中戦闘技術に卓越した腕利きパイロットを多数擁した精鋭部隊『第343海軍航空隊』。その装備機は新型の『紫電改』であり、米軍のF6Fを優に上回る性能を持っている。


 つい先日、鹿屋基地に到着したばかりの343空が戦闘の助けに入ると形勢は一気に逆転した。

 彼等の『紫電改』は、雲から黒いつぶてのように降ってきて、滞空している敵編隊7、80機に襲い掛かっていく。そして果敢に反撃しようとするF6Fを、面白いように次々と海へ撃墜していくと、敵は戦意を喪失したのか一斉に遁走し逃げ去って行く。


――命拾いしたのか……俺は?


 青い空、白い雲、そびえ立つ雲の塔が舞台で、その中で自分の技倆で精一杯の操作で飛び回るのが空戦だった。

 それはまるで情念に憑かれた女が髪の毛を振り乱して乱舞する様にも見え、黒煙を吐きながら、被弾した飛行機が青空に大きな弧を描いて墜ちていく。

 そして海面には、敵味方の区別なく撃墜された飛行機の油が円形になって、いくつも浮かんでいる。


――いつかは、俺もあのように終焉を迎えることになる……


 和人はそう思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る