百霊夜行の青年と呪物にされた美少女

作者 相枝静花

71

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公は百の霊を従える男子高校生。主人公には同じく高校生の彼女がいた。彼女は夜に死体となり、朝に生き返るという呪物だった。誰が彼女をこんな体にしたのか? 主人公はその謎を解くために、神社の神主の兄にあたる男と接触を試みる。すると、彼女の母親が行方不明になっていた。男によると、彼女の母親は、人間の皮を被った悪霊だった。しかし、彼女を呪物にしたのは、母親ではない。では、誰が?
 主人公はヒントを得るために、呪物となった人間を歓迎する集落を訪れる。しかしその宴会では凄惨な事態が待ち受けていた。そして、彼女を呪い神に捧げる準備が着々と進められていた。
 そして、次に向かった場所では男の妻が、呪い神に囚われていた。主人公はこの呪い神を倒したが、ここでも彼女の呪いを解くヒントは得られなかった。
 彼女のことを調べていた男は、彼女が呪破の一族の末裔であることを突き止めるが、彼女は歓迎されないと示唆する。その代わり、異なる一族のもとを訪れたのだが、そこでは彼女が指名手配されていて……。

 謎が謎を呼ぶ、ホラーミステリー。
 果たして、主人公は彼女を救うことができるのか?
 
 是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

 主人公の悟が大好きと言って(作中では明言してませんが)憚らない彼女のために、呪いのせいで困ったことになっちゃってる彼女のために、頑張ります!
 始めからもう、この不可思議でダークめな雰囲気にハートをわし掴まれました。ああ、沙希ちゃん……ちょっと私は心が苦しくなりましたが、悟は頑張ります!
 よし、悟よ、まかせた! 君の活躍、見てるからな! 期待してるぞ頑張れよ!