雨の終末に船を出す

作者 冬木洋子

40

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ポストアポカリプスという言葉があって、わたしのようなラノベ民には妙なるラッパの響きなんだけども、こういう静かな滅びもあっていいのかなと思う。
皆が皆、やれやれまたやっちゃいました?みたいなヒーローになれるわけがないし、もちろん超絶チートなんかない、なんなら家族を蔑ろにしたダメおじさんだったことがバレちゃってもいい、

でも、たった一人の、見ず知らずの、その子が怖がっているという理由だけで、どこにいるかわからない誰かのところへ向かう。

そんなおじさんは、静かにカッコいい。