正義の門

作者 朝斗 真名

胸を締め付けられるような。

  • ★★★ Excellent!!!


 最新話まで拝読しました。

 この物語は非常に洗練された文章で描かれています。物書きとして嫉妬を覚えるほどに美しく、深みがある……素晴らしい文章力だと思います。

 そしてその美しい文章が描き出す、悲しさ。

 途方もないリアリティを伴って身体の前に迫ってくるシーンの数々に、胸が締め付けられるようでした。

 皆様もぜひ、この物語を読んでみてください。拙いレビューですが、応援とさせていただきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

第一章(十話)を読み終えての感想・レビューです!

まずは一言……「小説」を読みたい方、間違いなくおすすめです。

本作は、中世ヨーロッパの世界観を借り、架空の宗教を創造してそれらを巡る対立を描いて… 続きを読む

月原夜子さんの他のおすすめレビュー 95