罰ゲームで学園一の美少女に玉砕覚悟の嘘コクをしたら、まさかのOKだった。有頂天になる俺だけど……彼女はまさかまさかのヤンデレだった。

作者 三葉 空

633

243人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

他の方も言っている通り、一途すぎるくらいなヒロインに対して主人公がよそ見しすぎ。
ヤンデレをたしなめつつもイチャラブするみたいなのを期待してる人は読まないほうがいい。どうしても他の女が邪魔に感じる。愛の言葉吐くだけ吐いておいて、他の女に誘惑されたらその女の乳見るって
そりゃあヤンデレにもなるわ。

Good!

回を追うごとにどんどん主人公のクズさが際立ってきてる…
読んでて最初はヤンデレの彼女を更生させるために頑張るのかなぁ…とみてたのに途中から主人公が彼女がいるのに他の子に手を出したりしていて正直見てらんないです…
ハーレムものかきたいならタグにハーレムでも書いといたらどうでしょうか?

★★★ Excellent!!!

「ヤンデレってるぞ」ってどういう注意だw

普通、ヤンデレは恐怖の代名詞で、一部ギャルゲでもヒロインがそうでした、ってのはありますが。

大体は壮絶な覚悟のもと、主人公が血を吐きながら苦しみぬいて信頼を勝ち得て、ヤンデレを克服させる。

これが普通なんですが、この作品ではまぁ、何故かそこまで深刻では無いですね。
ヒロインのやってることは立派なヤンデレで「い~いヤンデレだった!」とヤンデレの先輩方に抱きしめられると思うんですけど。

まぁ、主人公がある意味異常なせいでしょうね。
ヒロインを愛しすぎているというか。
何があってもヒロインを見捨てないし、絶対に一緒に乗り越える。
その覚悟が、あまりヒロインのヤンデレを酷く見せない。
何をやっても普通に注意する。

なんか地雷ではなく一個性なんじゃないのかと思わせてくれます。
新感覚です。