奈落の神の福音

作者 J@オルカ船上特別市

近未来SFにしてオカルトな世界が織り成すファンタジーの傑作!

  • ★★★ Excellent!!!


 科学が進歩した近未来に建造されたオルカ特別船上市……。しかし、そこで起こるのはオカルト的な事件の数々。
 探偵にして呪術師である江波、秘書の甲斐谷、
探偵局の新米監察官である百目鬼由佳は、事件を解決する為に奔走する。


 魅力的で不思議な世界観が織り成す物語は、由佳視点を中心に進んで行くのですが……これがまた絶妙な文章構成です。
 気取った小難しさは一切なく、かといってありきたりな文章とは違う。作品の世界観を余すことなく捉えることができる巧みさは流石と言えます。

 また世界観はしっかりと組まれていて、オルカ特別船上市という特殊な舞台、そして登場人物達の背景等も楽しみながら読める秀逸さ。

 私の感性では間違いなく書籍化レベル……いや、アニメで見たいとさえ思える傑作です。

 スピンオフも描かれている本作……是非とも読んで頂きたい作品ですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

ちょっと先の未来。世界は「こうなっているだろうな」と鮮明に思わせてくれる都市形態の一つとして、現実味の高い設定を作者は仕掛けてきた。地球での生活と似てはいても一線を画す船上特別市は、様々な人種とヒエ… 続きを読む

赤村雨享さんの他のおすすめレビュー 239