多重人格美少女と二次元少女の痛快事件簿

作者 天津 虹

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全32話

更新

  1. 第1話 今日は春休み最後の日
  2. 第2話 そこにチャイムが鳴り
  3. 第3話 図書委員会の会議が終わり
  4. 第4話 何が起こっているんだ
  5. 第5話 彼氏君、ずいぶん不釣り合いな彼女を連れてるじゃん
  6. 第6話 家に帰ると僕は 
  7. 第7話 きっかり11時
  8. 第8話 注文していたメニューを
  9. 第9話 ねえ、雄奈と何を話していたの?
  10. 第10話 月曜日学校に行くと
  11. 第11話 その夜、優奈さんからメールがあった
  12. 第12話 そして放課後、さすがに新入生たちも
  13. 第13話 そして、四月最後の図書当番は
  14. 第14話 次の日、僕たちは
  15. 第15話 電車が目的地に到着した
  16. 第16話 ゴンドラに乗ると水色の髪に
  17. 第17話 後一人、本日六人目の人だ
  18. 第18話 再び、観覧車の列に並びゴンドラに乗る
  19. 第19話 次に出てきたのは、赤茶色の髪に
  20. 第20話 行列に並んでいる間は
  21. 第21話 僕は思い切って
  22. 第22話 優子、早くプラグを用意してくれ
  23. 第23話 そして、三年後、鬼無真治という
  24. 第24話 やっと金曜日の図書当番の日になった
  25. 第25話 そして放課後
  26. 第26話 そこで、放課後五時のチャイムが鳴る
  27. 第27話 僕と海里さんのギクシャクした関係まま
  28. 第28話 しかし、僕は返事に迷っている
  29. 第29話 僕は前回着た勝負服を着て
  30. 第30話 そして、僕たちは観覧車に乗るために
  31. 第31話 海里さんがゴンドラから宙吊りに
  32. 第32話このまま、小田中線の特急に乗って、新塾駅に向かう