第83話 同じ塾で隣の席の女の子の誕生日に、デートをします。 ⑥

「こちらのヘルメットを着用してください」


 俺は係員のお兄さんからヘルメットを貰い、装着する。


 そして、ハンドル操作やアクセル、ブレーキの説明を聞きながら、順番を待っていた。


 今から行うアトラクションはゴーカートだ。


 どうやらここのゴーカートは凄いらしく、車がまず本物に近い。


 エンジンの音は迫力があるし、走るとスピードも結構出るようだ。


 後、コースが初級コースから上級コースまであり、上級コースは丘から下るようになっていて、結構クネクネ道がある。


 ちなみに俺達は初級コースを選んだ。


 流石に車運転したことないのに、中級、上級に行く勇気は俺たちにはなかった。


「ねぇねぇ陸くん。 どっちが上手に運転できるか勝負しようよ!」


「いいよー! でも、どっちが先にゴールできるかでは競わないんだね」


「だってそんなことしたら、勝負に夢中になっちゃってぶつかっちゃうかもしれないじゃん! ここで怪我人は出したくないよ」


「それもそっか」


「ふふーん♪ 負けないんだから」


 鈴は胸を張って手を当てる。 ドヤ顔が絵になっていた。


 でも、このドヤ顔はきっとすぐ崩されることになるんだろうなぁ。


「俺も負けないよ! だって自信あるもん!」


「え? なんで?」


「俺はゲーセンのレースゲームに一時期ハマりまくってたからね! 運転技術にはちょっと自信あるよ!」


 1年生の頃、学年でゲーセンのレースゲームが凄く流行った時期があった。


 あの頃はどれだけランクが高いか、タイムが良いかでその人のヒエラルキーが変わるほどだった。


 俺は全体で見たら上の下ぐらいの実力だったけど、仲間の中では常にトップクラスの実力だった。


 だから、正直負ける気はしない。


 ゲームとリアルは違うとは思うけど、繋がっているところはちゃんとあるはずだ。


「あーそういえば1年生の頃、男の子たちの間でレースゲーム異常に流行ってたよね。 それに前遊んだ時、確かに陸くんレースゲーム上手かったね」


「そうそう。 俺もその流行りに乗ってやってたから、結構自信はあるよ! 前は……どっちが勝ったんだっけ?」


「私が負けたんだよ。 でも、あれからテレビゲームで鍛えたから大丈夫なはず! その自信はわたしが砕いてあげるよ!」


 そんなことを言っていると、俺たちの順番が回ってきた。


 そして、係員のお兄さんの指示で俺達は進み始めた。


「おぉ〜早い速い!!」


 俺の前髪が風でなびき、オールバックのようになっていることが分かる。


 風切り音がうるさいけど、不思議と嫌ではなかった。


「んあ〜!! 陸くん早すぎるよ〜!」


 後ろから鈴の焦った声が聞こえる。


 カーブを曲がった時に少し後ろをチラッと見ると、ノロノロだけど安全運転をしている鈴が見えた。


 ちょっとスピードを落として一緒に走るか。


 俺は他のお客さんの邪魔にならないように運転しながら、隣に鈴が来るのを待つ。


 すると、少しして鈴が俺の隣へと来た。


「くそ〜陸くんに情けかけられた〜! 悔しい〜〜!!」


「はっはっは! レース系は俺の方に分があるみたいだね!」


「くそ〜! 次こそは勝ってやるからな〜!」


 俺たちは仲良く並んでコースを走りきり、見事にゴールしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る