第81話 同じ塾で隣の席の女の子の誕生日に、デートをします。 ④

「あはは! 陸くん凄い顔してるよ! すっごく必死な顔!」


「鈴だって人のこと言えないじゃん!」


「えーうそぉ……本当だ!?」


 俺達はアトラクションを終え、ゲートを通って建物の外へと出た。


 ゲートを通る際、係員のお兄さんから写真いりますか?って聞かれたから1枚買ってみたけど、良い写真でびっくりしている。


「うわー……私って、必死な時ってこんな顔してるんだ……」


「他にも何枚か写真あったけど、他のでは鈴が音にびっくりして耳を両手で抑えてたり、動きが止まってる写真があったよ」


「えー私それ見てないなぁ。 私が見たのは陸くんがバンザイしてるのと、上に向かって撃っている写真だったよ」


「え、逆に俺それ見てないんだけど」


「こういうのって、どうやって写真撮ってるんだろうね」


「気づかないうちに撮られてるよね」


 俺達は途中、飲み物を買って飲みながら次のアトラクションへと向かった。


 次は謎解きとお化け屋敷が合併されているアトラクションだ。


「おぉ……迫力あるなぁ」


 近くまで来て思う。


 え、普通に怖いんだけど。 クオリティー高くない?


「マンションみたいな大きな建物に蔦が絡まっていて、建物の色も黒とかでダークな感じだね……扉とかも年代を感じるし、この黄緑の灯りが恐怖心を掻き立てるね……」


「そういう割には楽しそうだね」


「うん! 怖いのは特別好きってわけじゃないんだけど、建物を見た時にビビッと私のセンサーに反応したんだよね! ここは絶対に面白いって」


「じゃあ、鈴のセンサーがしっかりしているのかこれから判明されるわけだ」


「ふふーん♪ 絶対にここは面白いよ!」


 俺達は意気揚々と列に並んだ。


 冬にお化け屋敷に入って心も身体も冷やしたくないからか、さっきのアトラクションよりもお客さんは少なく、早く中に入ることができた。


 俺達は受付のお姉さんにお金を払い、説明を聞く。


 そして、説明が終わると電子端末と懐中電灯を渡された。


 懐中電灯はなんとなく使い道分かるけど、電子端末は何に使うんだ?  そもそもここは電波届くのか?


「この電子端末に謎解きが送られてくる時があります。 また、謎解きの解答はそちらに書いてください。 では、行ってらっしゃいませ……」


 俺達は受付のお姉さんに見送られて中へと入る。


 中は暗くて寒く、壁を触るとなにかが出てくるような不気味さを醸し出していた。


「うわぁ……中に入るとまた怖いなぁ……ねぇ、鈴?」


「う、うん。 予想以上かも……」


 さっきまでの意気揚々とした様子はすっかり影を潜め、少し怖がっている鈴。


 特別好きってわけではないってさっき言ってたから、いざ入ってみると怖くなったのかな?


 ……俺もあんまりこういうの得意じゃないけど、少しでも鈴の不安が減ればいいな。


 俺はそんな思いで鈴の手をギュッと握る。


 鈴の手は少し震えていて、冷たかった。


「り、陸くん!?」


「俺もあんまり得意じゃないけど、2人ならきっと大丈夫だよ」


「う、うん」


「一緒に行こう」


「……うん!」


 俺の言葉を聞いた鈴はギュッと手に力を入れて、握り返してくれた。


 そして、俺達は手を繋ぎながらお化け屋敷を攻略していったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る