だから何だと言うのだ他人は自分の葛藤や感傷に興味はないし感性は役に立たない。なら、何故書く。

作者 椎人

感性の鋭い煌めきを感じさせる言葉の粒が私に刺さる。

  • ★★★ Excellent!!!

感性。持って生まれるものなのか、
生きていくなかで磨かれるものなのか、
どちらか、さだかではないけれど、
時折、痛いぐらいに感性の粒が立っている作品に出会うことがあり、
それが音楽ならば「音の粒」、
文學ならば「言の葉の粒」が連なって珠になって煌めいているということです。

その煌めきが実直にすぎて、むきだしの状態だから、 椎人さまの詩は私に痛く刺さります。
この御作品が「エッセイ」ではなく「詩・童話・その他」に属していることが、むきだしの魂の純粋を守り、はぐくむためのヴェールに思えてなりません。

作者さまの魂、その当時の魂の在り処が見えてくるような詩に、私は強く惹かれます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

宵澤ひいなさんの他のおすすめレビュー 320