今から創造る壊れた世界

作者 唐紅

第一話『平凡な世界の了、今から創造る世界』」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 企画から来ました。

    ファンタジーというものを書き始めたばかりで色々模索中なのですが、1話の文量ってこんなに長いものなんですか?


    独自の表現や言葉選びに力を入れているように感じました。
    別の方もコメントしていますがそれがけっこう気になります。
    それが良く機能しているところもあれば、表現が気になって「なんか、言葉が入ってこない……」という具合にストーリーから一瞬で現実に引き戻されるときがあります。
    自分は、読む人に伝わる表現が1番だと思っているので読み返して一般的な表現から外れているような部分は100%伝わると確信した上で使った方がいいと思います。

    実際、自分は1話の半分くらいまでしか読めませんでした。
    プロローグもルビがなくて読めない部分もあるしなんだこれは……という印象でした。
    物語が大きく展開するところまでたどり着けない方もいるのかなと思います。

    批判っぽくなってしまいすみません。
    コメントは消してもらっても構いませんので。

  • 冒頭の数行。これから読んでみようと思うほど、とても言い書きだしですね。

    主人公がどうなるのか、楽しみに読ませていただきます。

    それから、とっても大きなお世話だとおもいますが、

    「億劫な肢体」←この部分だけ、少し引っかかりました。疲れたを表現なさりたかったのだと思いますが。
    ごめんなさい。私の個人的な意見ですから、無視なさってください。

    追伸:たぶん、私なら「億劫な身体をひきづって」「疲れ切った肢体を痛めつけて」などにするかもしれません。あくまでも個人的な意見ですから。

    作者からの返信

    貴重なご意見を有難う御座います。
    該当の部分は、どう直せば良いでしょうか?申し訳ない(笑)

    2020年7月17日 18:53