劣等市民の俺だけどSSRパーティから追放されて美少女な聖女と逃げることになりました

作者 イワトオ

強烈な皮肉から零れ落ちた文学作品っぽいんだけれど、これ、私は好きです。

  • ★★★ Excellent!!!

 序盤から引き込まれて、そのまま中盤まで引きずられて行きます。
 当然ながら、そのまま終盤へと縺れ込むかに見えますけれど、物語はそんな単純なことではなかったのです。
 しかし、なにせフラグの回収が放り出されているのか、手を付けるのが全く間に合っていないのか、読者としての私の放り出され感が厳しいです。
 けれども、それがなんとなく快感っていうのか……どうしてくれるんですか、この生殺し感覚を……⁉

 まあこの点は、お好みっていうのか、性癖任せというのか、お好きにどうぞ…!!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

Yuuyouさんの他のおすすめレビュー 225