心ゆらゆら揺らいで涙して

作者 諫山 みがせ

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

人は往々にして関わりを持って生きています。
関わりを持ちたくても、持ちたくなくても。
好きでも嫌いでも。
その中には心を痛めるようなこともあります。

この物語はとても読みやすく時には笑いもありますが、それだけでなく壮大なテーマがあります。
そのテーマ、そして作者さまの想いを感じていただきたいと思います。
そして感じたことを生かしたい、そんな気持ちになる物語です。
ぜひご一読ください!

★★★ Excellent!!!

主人公の女子高生・琉宇と、幼なじみの京との何気ない会話から始まる青春学園ストーリー。
最初、この二人の関係が恋愛に進展するのかと思いましたが…
琉宇を助けるために現れた、都詩というクラスメイト。彼女の登場が、琉宇の学園生活を大きく変えることになるのです。

恋愛もありますが、友情がメイン。
時に笑い、時に切なく、ときめいたかと思えば胸を痛めるような、ドキドキなストーリーが展開されます。
そう来たか!と驚くようなどんでん返しもあり、最後まで楽しく、あっという間に読んでしまいました。

束の間の素敵な学園世界を、琉宇と一緒に体験してみませんか?