年上好き彼女に好かれたくて気づいたら先生になってた

作者 こはる日和

交差する願いは星羅のように

  • ★★★ Excellent!!!

しっかりとした土台を思わせる序盤の堅実さから、それでも「どんな意味のタイトルなんだろう?」「どう転がっていくんだろう?」という疑問を糧に読み進めると、ハッと景色が開けてくる。これはそんな作品です。ある日突然「先生」になった夏彦が、恋の矛先、天川姫を始めとした個性豊かな生徒たちと関わりを持っていく、それだけでも魅力的なのに加え、各地に散りばめられた謎が次々に連鎖していく没入感、主人公とヒロインだけに留まらない多様な思い、願いの、それこそ天の川のような広がりが非常に"読ませる"のです。
深く練り上げられた秘密が徐々に明かされる今、新規参入には持って来いのタイミングではないでしょうか。ぜひご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

東 京介さんの他のおすすめレビュー 170