腐ったくらいで丁度いい

作者 更楽茄子