王様にミルクティーを

作者 楠瀬スミレ

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

訳あって男性アレルギーになってしまった高校教師の主人公は、一生独身で恋などしないと思っていた。

その主人公のもとに、450年前からタイムスリップした朝鮮王朝の王様が現れる。

教師と生徒、王様と同居することになった主人公ですが、その想いは次第に恋へと変わっていきます。

幸せな時を過ごす二人ですが、もとの時代に戻らなければいけない王様との、切なくも悲しい別れ。

このまま悲恋となってしまうのか……と思われましたが……。

――時を超えたラブストーリー。

素敵なラストシーンに、幸せな未来が見えるようです。

★★★ Excellent!!!

時代を越えて出会ってしまったハソングンと葵先生。二人のまっすぐで純粋な想いに胸キュン必須の物語です。学園ドラマとしての要素もとても楽しく、懐かしい青春を思い出させてくれます。

離れ離れになる運命が二人を襲うあたり、読者も一緒に切ない気持ちでいっぱいになるはず。時代の違いだけでなく、年の差もある二人が、果たしてどう、ハッピーエンドを迎えられるのか。思いがけない展開にドキドキワクワクしながら、二人の愛の結末を見届けて欲しい一作です。