第8話 南雲邸へ(3)

「なるほどなぁ」

 庁舎に戻ってからレンに内線をかけると、彼はすぐに都伝に飛んで来た。こちらからお伺いします、とルイは言ったが、

「そう言う話は都伝で聞きたい」

 と本人が言うので来てもらったのである。

「はい、おじさん、緑茶ですよー」

「メグ、怖い思いさせて悪かったな」

 姪が怯えていた、という話を聞いたレンは眉を寄せて詫びる。

「良いの。仕事だから。感情としては怖かったけど、皆いるから不安はなかったし」

 けろっとした顔で言う。切り替えの早さに、ルイは舌を巻いた。

「室長も悪かった」

「いえ、僕こそ仕事ですから。お役に立てず、すみません」

「あいつも良い大人だ。気にすんな」

「そうは言っても」

 ナツが目を細めた。刑事モードからまだ抜けきっていない。

「あの人、そう遠からず自分から助けてって言ってくると思うけどね」

「そうだな」

 アサは苦笑している。レンも腕を組み。

「配信しちまったら状況は変わるかもしれねぇな」

「どうしてですか?」

「室長」

 ルイが首を傾げて尋ねると、レンは片目を閉じた。

「都市伝説とは何だ?」

「消極的な信仰の具現化です。こうだったら怖くて面白いのに、こうだったら嫌だからホラーとしては面白い……って、あー、つまり、配信して多くの人の目に触れたら、その分『こうだったら怖くて良い』の形が増えるってことですか?」

「そう言うこった」

 都市伝説とは、消極的な信仰の具現化である。ルイが言った様に、「こうだったら怖いのに」「こうだったら嫌だな」という想像が広義の「信仰」となり、怪異は力を得る。

 なので、南雲がインターネットの動画サイトで配信し、それを見るなり伝聞で知るなりした人間が、あれこれ憶測を立てる。それは「噂」であり「信仰」だ。噂の尾ひれとは、宗教書の外伝なのだ。その数だけ信仰が増えていく。

「だから、変質するよ。元々、物理的にやばいもんじゃなさそうだから……これからやばくなる可能性もあるが、テケテケレベルまで1日2日で変貌するとも思えん。生首の概念として血を流すことが本旨だからな」

「そうですね。南雲氏が賢明なら、まだすぐに対処できる程度で呼んでくれるでしょう」

「賢明だと思いたいねぇ。何かあった連絡させてくれ」

「勿論です」

 ルイは頷いた。

「いつでも連絡してください」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます