第84話 正直者?

「なん…だと?何故だ…俺の事を知っているのか」


 目を見開き驚きの表情を見せるが、すでに隠すとかそう言うのはもういいらしい。


 俺の事知っていたのか。とか言っちゃうし。


 動揺しすぎでしょ。まぁいいかそれならば話を合わせた方が楽そうだね。


「えぇ ダイナム商会のネイルさんでしょ?誰ですかサイモンって」


 くくくっと態とらしく笑う僕に青筋を立て怒りを露わにするが、既に芋虫の様に拘束されてもがく様は笑うしかない。


「さてネイルさん。これは僕に対しての宣戦布告と見て良いですかね。もしかしてスラムでウロついていたのってネイルさんですか?大方、例の取引で納得いかないダイナムのおっさんがセコセコ裏で動いてたんでしょ?」


 例の取引とは、もちろん以前盗賊討伐した際の買取金額の上増し要求の件だ。


 その日の取引は成立せず、結局ダイナム商会の商品は秘密裏にダイナムの前に取引を終えた小人族のピフサさんに、適正価格で買い取って貰った。


「スラムだと?なんのことだ。確かに私はダイナム商会のネイルだが、今回お前とはなんの関係もない。こやつら亜人の傭兵をスカウトするために見張っていたにすぎん!」


「亜人ねぇ ネイルさんもう一度聞きますね。ちなみにですが正直に言うチャンスはこれが最後です。この後は……そうですね。ネイルさんが想像できるもしくは今迄に行った一番悲惨な拷問を思い浮かべてください」


 .

 .

 .

 .

 .

 .

「はいっ!そこまで!」

 手をパンと叩き、ネイルの目を見て最高の笑顔を向ける。


「今想像して貰った拷問なんてお遊びです。ゴッコです。いいですか僕は調薬によってできた強力な回復薬を持っています(ポシルのポーションだけどね)なのでネイルさんは何をされても死ねません。正直に洗いざらい話すまで、様々な刺激をプレゼントします。あと僕はスキルで嘘か本当かがわかります(そんなスキルはないけどね)」


 威圧をかけ、笑顔のままネイルの目をまっすぐ見ながら言葉を続ける。ネイルの顔は既に真っ青になり、全身から脂汗が滴り落ちこれから自身の身に起こる事を唯一動く首を激しく横に振り否定し続けていた。


「それじゃあ始めましょうか」


「あ あ あぁーーー!!!!」


 数分後


 目の前には白髪になり、老人の様になった腕や足のない達磨状態のネイルの姿があった……。






 という事もなく、髪は黒髪のままだが少々やんちゃしすぎた結果。憔悴しきったネイルがぐったりと頭を垂れていた。


 さすがに洗いざらい喋って貰うのに、悲鳴や叫び声だけじゃ前に進まない。多少は切ったり貼ったり幻覚を見せたりしたが、達磨状態にはなっていないし、ポシル印のポーションのおかげで五体満足だ。


 ネイル君は、実に正直者で冒頭指をちょっとカットしたら本気度が伝わった様で少しずつ話してくれた。

 その後、憂さを晴らすためやんちゃをしたが、もちろん最後には指も元どおりだ。

 そしてやはりネイルは、ダイナム商会に雇われた偵察者だった。


 例の取引の後、激昂したダイナムが商会の幹部を集め僕の周囲を探る様に命じた。しかしすぐに気配を消す僕たちを捉え切ることができず、直接ではなく地道な聞き込みの結果、僕が完全なソロである事、身寄りや人質に取れる様な相手が居ない事がわかり、傭兵に処分と溜め込んだ財産の場所を吐かせ、根こそぎ奪う事にした。


 今回このタイミングを狙った理由は、直接狙えばダイナム商会が疑われる恐れがあるため、商会を襲う振りをし処分しようとしていたようだ。


「それではネイル君。正直者のあなたを解放しましょう」


 そう笑顔で言った後のネイルの絶望の顔はそのまま彼の将来を暗示しているかの様だった。


「ダイナムに伝えてくれるかい。宣戦布告は確かに受け取った。今後どこで命を狙われるか。まずはお前の商会を潰す。せいぜい頑張って逃げまわれよってね」


 ネイルの拘束を解除し、町の方向へと解放する。斥候とは思えない重い足取りで歩き出すネイルを見送りながらイーグラへと目を向ける。


「さてイーグラさん。僕とあなたの関係は雇われた者とそのターゲットだ。でもあなたは返り討ちにあった。つまりは任務失敗だ。殺されても文句は言えない。そうでしょう?」


「たしかにそうだ。殺されても文句は言えない。こちらの責任だ。殺すがいい」


「そんな事はしないよ。これから負けた貴方への権利を行使します。ネイルを町まで送ってください。町の近くまででいいです。

 このままではダイナムに会う前に死にそうです彼…。あぁ勿論2人でね」


 どう考えても、これから2日はかかる道のりをあのペースで行かれたら、魔物に襲われて死ぬ。

 そしてイーグラは戦士として負けを認めた以上、今回も命令に対しては裏切る事はないだろう。


 そして止めの瞬間。テイムの可能性を考え、ポシルによって回復後仮死状態にされていたアーグラを指差す。この二人は純粋に雇われただけ、あまりの潔さにトドメを刺すか生かすか迷っていたが、生かす事にした。テイムも考えたが、ポシルの時のような感覚はなかった。


 きっとそう言う出会いではなかったのだろう。


 そう言うと仮死状態だったアーグラを、イーグラと共に回復させる。これなら町まではなんとか着くだろう。


 深々と頭を下げるアーグラとイーグラ。そして絶望感漂うネイルの3人を送り出しスッキリしたところで、後ろを振り返る。


 そこには口を開け引き気味でこちらを見る「赤月の護り」の面々がいた。


 あっ忘れてた……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る